事業資金融資・調達お助けガイド

HOME

事業資金の使途に応じた調達先・融資方法を知って、
しっかり準備をしておきましょう!

当サイトでは、個人事業主や中小企業経営者の方、特に、事業をはじめたばかりの方やこれからという方に向けて、事業資金の融資に関するさまざまな情報をわかりやすくまとめています。

さっそくですが、3種類の事業資金、起業資金設備資金運転資金の融資を受ける場合に、それぞれに適した調達先や融資方法があることを、ご存知ですか?

起業資金は、事業の実績がない時点で必要なため、調達先が限られます。
設備資金は、金額が大きいため、融資を受ける際に担保が必要です。
また、経営状態に関わらず、運転資金を補充するためのつなぎ資金が急に必要になることは、よくあることです。

このように、3種の事業資金にはそれぞれに特徴があるので、経営者は、使途に適した事業資金の調達先や融資方法を知っている必要があるのです。

そこで、このサイトでは、まずはじめに、使途に応じた事業資金の調達先について解説し、その後、事業資金の使途に適した融資方法について解説していこうと思います。

事業資金の借入は目的を持って行おう

今、事業資金の借入を行う目的は何ですか?
金融機関は、目的を持っていない企業にお金を貸すことを仕事にしていません

借入する側は、そのお金をどのような目的で使用するのかを明確にして事業資金を集めなくてはいけません。 金融機関は、融資したお金に対して、利息を貰うという目的があります。

なので、金融機関に利息が払えないと判断されると、事業資金の借入を行うことが難しくなるのです。
事業資金の借入は、お金を調達することが目的ではありません。金融機関側は、どれだけ計画的に返済していけるかどうかを見ています。
借入する側は、それに答えるだけの目的を持って、計画的に返済できるように努めていく必要があります。

借入の目的を説明できるようになろう

事業資金の借入の目的を説明するとは……

ということです。また、数字に関しては密に計算して、具体的な見込み数値を出し、把握する必要があります。
上記でも説明したように、事業資金を借入する側は、計画的に返済できるように努めなくてはいけません。日々の仕事の中でも、それを徹底して、「きちんと返済する」ということを頭にいれて、会社の利益等を把握することが大切です。

ノンバンクでの借入は不安?

金融機関の中でも、ノンバンクは敬遠してしまう方も多いようです。しかし、実際は安全なノンバンクが多いので、敬遠していては借入先の幅を狭めてしまいます。ノンバンクを、きちんと理解して上手に使うことが重要なのです。

ノンバンク、例えば日本保証やセゾンファンデックスなどは、メガバンクの保証業務も行っており、きちんと企業として稼働しています。このような業者であれば、安全な借入が期待できるのです。

つなぎ資金の調達先として頼りになる即日融資も可能なノンバンク融資事例も紹介します。銀行や大手ノンバンクで融資を断られてしまった方も、あきらめずに見てみてください。

巻末には、ヤミ金・詐欺業者の見分け方も掲載しましたので、こちらもぜひ参考にしてください。

おすすめ手形貸付業者ランキングはこちら

融資

手形貸付は、短期的な融資、特につなぎ融資の際に便利な事業資金の借り方です。借入用の手形を自社で振り出し、担保にすることで手形の額に応じた借入を利用できます。

通常、手形は期日がくると記載した金額を支払う必要があるのですが、手形貸付の場合、同額で借り換えることもできます。

つまり、一時的に運転資金のつなぎ融資に利用して、返済が難しくなったら借り換えで債務をまとめることもできるのです。まとまった金額の運転資金を用立てたい場合は、ぜひ一度利用を考えてみましょう。

なお、手形貸付は企業に対する独自の審査能力が求められるため、対応している業者があまり多いとはいえません。

ただ、逆の見方をすれば、独自基準での審査方法が確立されている業者の場合、その他の金融機関では融資を受けることができなかった事業者でも借入できる可能性があります。利用する業者や企業によっては、一般的な事業者向け融資よりも審査が甘い傾向があるのです

こちらのページでは、そんな手形貸付業者を「審査スピード」「審査書類数」「金利」「返済期間」の4項目で比較し、ランキング形式で紹介しています。各業者の特徴やおすすめポイントも解説しているため、ぜひ参考にしてください。

>>おすすめ手形貸付業者ランキングはこちら

おすすめ手形割引業者ランキングはこちら

企業間の取引では、現金ではなく「手形」で支払いを行うことも少なくありません。ただ、手形は「この期日になったらいくら払う」という約束状なので、仮に売上金が手形ばかりになってしまえば、自社の運転資金が足りなくなってしまいます。

そこで、手元にある手形を金融機関に買い取ってもらい、多少割引される代わりにいますぐキャッシュを手にいれる方法が、手形割引です

厳密にいうと融資というよりも手形の買い取りなのですが、手形の取り扱いをしている金融機関が限られていることもあって、一般的には事業者向け融資の一種とされています。自社が赤字決算の状態であっても、手形を振り出した企業が優良な状態であれば融資を受けられることが強みです。

ただし、手形割引の場合、融資期間が手形の期日までに設定されることが多く、期日によっては急いで資金繰りをする必要があります。「少し先に売り上げの振り込み予定があるものの、その日までの運転資金が足りない」といった状況で利用を考えましょう。

なお、手形を使って融資期間に余裕を持たせたい場合は、手形貸付の利用をおすすめします。

こちらのページでは、手形割引に対応している業者を、審査スピード、審査書類数、金利、返済期間の4項目で比較し、ランキング形式でまとめました。

>>おすすめ手形割引業者ランキングはこちら

おすすめ不動産担保ローンランキングはこちら

ノンバンクと銀行系の貸付業者を比較した際、もっとも大きな違いが出るのは「融資の上限額」です。経営母体が強く、豊富な資金力を持つ銀行系の金融機関は、高額な融資にも対応可能。一方、ノンバンクの金融機関は審査スピードや融資の手軽さに優れる一方、借入できる金額が数百万円程度までと制限があります。

そんな中、ノンバンクから大きな金額を借りることができるのが、不動産を担保にすることで融資額を増やす不動産担保ローン。万が一返済ができなかった場合の担保があるため、無担保ローンに比べて審査内容も優しく、金利も低い傾向があるお得なローンです。

ただ、担保に出す不動産の資産価値を調査する時間は業者によってまちまち。また、契約時の必要書類の数なども業者によって変わってきます。そこで、こちらのページでは、審査スピード・審査書類数・金利・返済期間の4項目を基準に不動産担保貸付業者を比較してみました。

業者によって返済期間も異なりますし、融資実行までの速度も違います。どの業者を利用するのがもっとも自社に合っているのかを調べるためにも、まとまった額の融資を必要としている場合はぜひ参考にしてください。

>>おすすめ不動産担保ローンランキングはこちら

おすすめビジネスローンランキングはこちら

事業資金を用立てる方法はいくつもありますが、もっとも気軽に使えるのが無担保・無保証で事業資金を融資してもらえるビジネスローンです。事業を法人化している場合は、申し込み者だけでなく法人の代表を連帯保証人にする必要があるものの、自営業者や個人事業主であれば、消費者金融で融資を受ける感覚で事業資金を用意できます。

また、契約しておけば定形しているATMからいつでも出金(借り入れ)ができるカードタイプのビジネスローンなどもあって便利です。ちなみに、法人向けクレジットカードは、事業に使う買い物の支払いはできても直接融資を受けることができません。普段の支払いやつなぎ融資など、さまざまなシーンに活用したい場合、クレジットカードではなくローンカードをつくるのがおすすめです。

ただし、無担保かつ無保証人、しかも提携ATMを利用して融資や返済ができるビジネスローンは便利な分金利も高いため、業者選びが重要になってきます。

こちらのページでは、たくさんある業者の中から一部をピックアップし、審査スピード、審査書類数、金利、返済期間の4項目で比べた結果をまとめました。

>>おすすめビジネスローンランキングはこちら

中小消費者金融なら比較的審査が甘く即日融資を受けやすい

中小消費者金融の審査が甘いのはなぜ?

中小消費者金融は、大手の金融業者に比べて審査が甘いので通りやすく、また、即日融資も受けやすいという特徴があります。それはなぜでしょうか。結論から言うと、大手の金融業者の審査と中小消費者金融の審査は、その基準が大きく異なるからです。

大手の金融業者の審査は、申込者の数が非常に多いので、コンピューターによる自動診断を行っています。ここで返済能力が十分でないと判断された人は、審査に落ちてしまうというわけです。特に、過去5年の経歴の中で信用情報に問題がある場合は、返済能力が低いとみなされ、大手の審査を通過することはまずありません。

一方、中小消費者金融は人の手で信用情報を確認しています。信用情報を確認するのは大手と同じですが、中小消費者金融で重視されるのは今現在の返済能力なのです。そのため、過去に信用情報に問題があっても、現在では十分な返済能力があると判断されれば審査を通過することができるのです。

中小消費者金融のメリット

中小消費者金融のメリットは、審査に通りやすいほかに即日融資が受けられる点が挙げられます。もちろん、虚偽の情報があったり現在においても十分な返済能力がないと判断されたりしたら話は別ですが、審査はスピーディで即日融資をしてくれる消費者金融も少なくありません。場合によっては、ほかのところでブラックリスト入りしている人や、他社からの借り入れがある人でも融資が受けられることもあります。

中小消費者金融のデメリット

審査に受かりやすくスピーディな中小消費者金融にもデメリットはあります。まず、自動契約がないことが多い点が挙げられます。そのため、契約の際には書類の郵送や来店が必要になります。

また、地域密着型の業者が多いせいで店舗がすぐに見つからないこともあるでしょう。そのため、申込み自体はインターネットで手軽にできるけれど、店舗に行くにはかなり遠方まで足を伸ばさなくてはいけないというケースもあるのです。

金利が高いのもデメリットだと言えるでしょう。大手の金利がおおむね18.0%、銀行カードローンが15.0%前後であるのに対し、中小消費者金融は利息制限法で定められたギリギリの数値である20.0%となっています。

中小消費者金融から即日融資を受けるためのポイント

来店の必要があるかどうかを調べる

公式サイトに「即日融資可能!」と書いている中小消費者金融は多いですが、実際には即日融資を受けるためには来店が必要であることが少なくありません。そのため、即日融資を希望しているなら、来店の必要があるかどうかは必ず確認しておきましょう。

中堅の消費者金融業者では、手続自体は書類などを用意しなくても公式サイトから申し込みが可能な場合がほとんどです。しかし、即日融資には全国対応、振込融資対応となっていても来店が必要になる場合があるのです。

ほんとうの意味で即日での融資が可能な業者は、公式サイトからの必要書類のアップロードが可能となっています。「来店可能なら即日融資可能」というのを「来店しなくても即日融資可能」と勘違いしてしまうと、実際に融資を受けられるまでに予想よりも時間がかかってしまうので気をつけましょう。

申込みを平日の午前中に済ませておく

即日融資を本当に即日で受けるためには、申込みをできるだけ早めに済ませておくことも大切です。少なくとも、休日を避けて平日の午前中には申込みを済ませておくべきでしょう。申込みが13時を過ぎてしまうと即日融資は難しいでしょう。

また、一部の中小消費者金融以外は、自動契約機を持っていないことがほとんどです。そのため、振込融資の手続きは銀行の窓口で行う必要があります。この場合、窓口の営業時間である15時が手続きのタイムリミットとなるので注意しましょう。融資を考えている場合は、最寄りの店舗や銀行の場所を調べておくとスムーズです。

本人確認書類、収入証明書を用意する

申し込みの前にあらかじめ必要な書類を用意しておけば、申込み手続きがスムーズに行なえます。カードローンやキャッシング審査には、本人確認書類以外にも収入証明書が必要となることがあるので、事前に申し込み要項をチェックしておきましょう。

在籍確認について

中小消費者金融の審査は大手に比べてハードルが低いですが、利用者に安定した収入があることを確認するための在籍確認は必ず行われます。逆に言えば、大手以外で「在籍確認なし」を謳っている中小消費者金融は怪しいと言えるでしょう。

本当に安全な業者なのか?

銀行カードローンや大手の消費者金融と違い、中小消費者金融にはあまり名前を聞いたことがないような業者もあります。知名度も低いと、本当に安全な業者なのかわからないことがあります。そうした場合は、日本貸金業協会のホームページで調べてみるといいでしょう。

審査が甘い?ノンバンクの事業資金融資事例集

ここでは、ノンバンクの事業資金融資の実際の事例を7件見ていきましょう。各種の利用者が、どのような状況でノンバンクを利用するに至ったかを見ていくことで、かなり不利な状況であってもノンバンクを利用できることがわかるでしょう。

また、融資を受けた金額やその条件にも注目しましょう。どういった条件でいくらくらいの融資が受けられるかが分かれば、自分がノンバンクを利用したほうがいいかどうかもわかるからです。

また、ノンバンクの審査基準や返済期間の設定、スムーズな返済をするために気をつけるべきポイントなどについても解説していますので、利用する際の参考にして下さい。

>>【特集】審査が甘い?ノンバンクの事業資金融資事例集はこちら

優良業者とヤミ金の見分け方

貸金業登録の有無を調べる

正規の業者かどうかを確認するもっとも簡単な方法が、貸金業登録があるかどうかを調べることです。正規の貸金業を行なうためには、財務省もしくは都道府県からの認可が必要です。そして、認可を受けた業者は、公式サイトに「◯◯財務局長(X)第XXXXXX号 日本貸金業協会会員 第XXXXXX号」といったような記載があります。また、記載が正しいかどうかは金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」で確認できます。ただし、非正規業者の中には正規の業者の記載をまるまる転載している場合もあるので注意が必要です。

固定電話の有無を調べる

貸金業者は、法律上固定電話の設置が義務付けられています。つまり、固定電話ではなく携帯の番号からかけてくる業者は正規の業者ではないと言えるのです。ヤミ金は特定の事務所を持たず、マンションの部屋などを転々としているので固定電話を持っていません。ただし、最近ではレンタルの固定電話の番号から携帯電話への逆転送機能があるので、電話番号だけで判断できない場合もあります。

公式サイトの宣伝をチェックする

「ブラックOK」や「信用情報に問題があってもOK」といったような宣伝文句は、一見いかにも魅力的なものに見えます。しかし、こうした広告は誇大広告であり、正規の貸金業者なら用いるものではありません。正規の業者であれば、審査は甘いとは言え貸金業法に従っていないような貸付はしないのです。

電話内容、契約内容をチェックする

前述の通り、貸金業登録や固定電話、誇大広告の有無は正規の業者とヤミ金を区別するための大きな手がかりになります。しかし、ヤミ金も巧妙にその正体を隠しているため、うっかり騙されて申し込んでしまうこともあるでしょう。そうしたときは、電話の内容や契約内容に怪しいところがないかチェックしてみましょう。例えば、先に業者の方に金銭を預けることを要求してくる場合や、異常に親切な場合は確実にヤミ金なので絶対に利用してはいけません。

以下のリンク先で、ヤミ金の被害者事例やより詳細なヤミ金の見分け方を解説しています。

>>【総力特集】ヤミ金・詐欺業者に注意!

ご注意:当サイトでは、独自に情報を収集し、安心で安全なノンバンクを厳選してご紹介していますが、その内容を保証するものではありません。サイト内の記載はあくまでも参考とお考えいただき、実際に融資を受ける際は、事前に各社の各商品についてHPの記載などをもとに十分に理解し、申し込むかどうかはご自身でご判断ください。当サイトの管理人は、いかなる責任も負えませんので、予めご承知おき願います。

character01
どこに相談すればいい?使途に応じて借り分ける事業資金の調達先

事業資金の種類ごとに適した借入先は、だいたい以下のように考えておけばよいでしょう。
詳細ページでは、各金融機関で融資を受ける前に知っておきたいことなどを、わかりやすく説明しています。

character02
どんな融資を利用すべき?使途に応じて使い分ける事業資金の融資方法

事業資金の種類ごとに適した融資方法は、一般的に以下のとおりです。
詳細ページでは、各融資方法のメリットデメリットや必要書類などについて説明しています。

character02
「いつ?」「いくら?」などの条件で使い分ける事業資金の融資方法

「明日までに調達したい」「まとまった資金が必要」など、資金繰りの条件に合った融資方法も、覚えておくと便利です。
詳細ページでは、それぞれの融資方法でおすすめの金融機関をランキング形式で紹介しています。

 

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら
今すぐにつなぎ資金が必要ならこちら
安心業者ランキング
  • 即日融資が必要なら、手形貸付ランキング
  • 決算赤字が多いなら、手形割引ランキング
  • 300万円以上必要なら、不動産担保貸付ランキング
  • 決算赤字が無いなら、ビジネスローンランキング

ページの先頭へ