事業資金融資・調達お助けガイド

HOME

事業資金の使途に応じた調達先・融資方法を知って、
しっかり準備をしておきましょう!

当サイトでは、個人事業主や中小企業経営者の方、特に、事業をはじめたばかりの方やこれからという方に向けて、事業資金の融資に関するさまざまな情報をわかりやすくまとめています。

さっそくですが、3種類の事業資金、起業資金設備資金運転資金の融資を受ける場合に、それぞれに適した調達先や融資方法があることを、ご存知ですか?

起業資金は、事業の実績がない時点で必要なため、調達先が限られます。
設備資金は、金額が大きいため、融資を受ける際に担保が必要です。
また、経営状態に関わらず、運転資金を補充するためのつなぎ資金が急に必要になることは、よくあることです。

このように、3種の事業資金にはそれぞれに特徴があるので、経営者は、使途に適した事業資金の調達先や融資方法を知っている必要があるのです。

そこで、このサイトでは、まずはじめに、使途に応じた事業資金の調達先について解説し、その後、事業資金の使途に適した融資方法について解説していこうと思います。

事業資金の借入は目的を持って行おう

今、事業資金の借入を行う目的は何ですか?
金融機関は、目的を持っていない企業にお金を貸すことを仕事にしていません

借入する側は、そのお金をどのような目的で使用するのかを明確にして事業資金を集めなくてはいけません。 金融機関は、融資したお金に対して、利息を貰うという目的があります。

なので、金融機関に利息が払えないと判断されると、事業資金の借入を行うことが難しくなるのです。
事業資金の借入は、お金を調達することが目的ではありません。金融機関側は、どれだけ計画的に返済していけるかどうかを見ています。
借入する側は、それに答えるだけの目的を持って、計画的に返済できるように努めていく必要があります。

借入の目的を説明できるようになろう

事業資金の借入の目的を説明するとは……

ということです。また、数字に関しては密に計算して、具体的な見込み数値を出し、把握する必要があります。
上記でも説明したように、事業資金を借入する側は、計画的に返済できるように努めなくてはいけません。日々の仕事の中でも、それを徹底して、「きちんと返済する」ということを頭にいれて、会社の利益等を把握することが大切です。

ノンバンクでの借入は不安?

金融機関の中でも、ノンバンクは敬遠してしまう方も多いようです。しかし、実際は安全なノンバンクが多いので、敬遠していては借入先の幅を狭めてしまいます。ノンバンクを、きちんと理解して上手に使うことが重要なのです。

ノンバンク、例えば日本保証やセゾンファンデックスなどは、メガバンクの保証業務も行っており、きちんと企業として稼働しています。このような業者であれば、安全な借入が期待できるのです。

つなぎ資金の調達先として頼りになる即日融資も可能なノンバンク融資事例も紹介します。銀行や大手ノンバンクで融資を断られてしまった方も、あきらめずに見てみてください。

巻末には、ヤミ金・詐欺業者の見分け方も掲載しましたので、こちらもぜひ参考にしてください。

おすすめ手形貸付業者ランキングはこちら

融資

手形貸付は、短期的な融資、特につなぎ融資の際に便利な事業資金の借り方です。借入用の手形を自社で振り出し、担保にすることで手形の額に応じた借入を利用できます。

通常、手形は期日がくると記載した金額を支払う必要があるのですが、手形貸付の場合、同額で借り換えることもできます。

つまり、一時的に運転資金のつなぎ融資に利用して、返済が難しくなったら借り換えで債務をまとめることもできるのです。まとまった金額の運転資金を用立てたい場合は、ぜひ一度利用を考えてみましょう。

なお、手形貸付は企業に対する独自の審査能力が求められるため、対応している業者があまり多いとはいえません。

ただ、逆の見方をすれば、独自基準での審査方法が確立されている業者の場合、その他の金融機関では融資を受けることができなかった事業者でも借入できる可能性があります。利用する業者や企業によっては、一般的な事業者向け融資よりも審査が甘い傾向があるのです

こちらのページでは、そんな手形貸付業者を「審査スピード」「審査書類数」「金利」「返済期間」の4項目で比較し、ランキング形式で紹介しています。各業者の特徴やおすすめポイントも解説しているため、ぜひ参考にしてください。

>>おすすめ手形貸付業者ランキングはこちら

おすすめ手形割引業者ランキングはこちら

企業間の取引では、現金ではなく「手形」で支払いを行うことも少なくありません。ただ、手形は「この期日になったらいくら払う」という約束状なので、仮に売上金が手形ばかりになってしまえば、自社の運転資金が足りなくなってしまいます。

そこで、手元にある手形を金融機関に買い取ってもらい、多少割引される代わりにいますぐキャッシュを手にいれる方法が、手形割引です

厳密にいうと融資というよりも手形の買い取りなのですが、手形の取り扱いをしている金融機関が限られていることもあって、一般的には事業者向け融資の一種とされています。自社が赤字決算の状態であっても、手形を振り出した企業が優良な状態であれば融資を受けられることが強みです。

ただし、手形割引の場合、融資期間が手形の期日までに設定されることが多く、期日によっては急いで資金繰りをする必要があります。「少し先に売り上げの振り込み予定があるものの、その日までの運転資金が足りない」といった状況で利用を考えましょう。

なお、手形を使って融資期間に余裕を持たせたい場合は、手形貸付の利用をおすすめします。

こちらのページでは、手形割引に対応している業者を、審査スピード、審査書類数、金利、返済期間の4項目で比較し、ランキング形式でまとめました。

>>おすすめ手形割引業者ランキングはこちら

おすすめ不動産担保ローンランキングはこちら

ノンバンクと銀行系の貸付業者を比較した際、もっとも大きな違いが出るのは「融資の上限額」です。経営母体が強く、豊富な資金力を持つ銀行系の金融機関は、高額な融資にも対応可能。一方、ノンバンクの金融機関は審査スピードや融資の手軽さに優れる一方、借入できる金額が数百万円程度までと制限があります。

そんな中、ノンバンクから大きな金額を借りることができるのが、不動産を担保にすることで融資額を増やす不動産担保ローン。万が一返済ができなかった場合の担保があるため、無担保ローンに比べて審査内容も優しく、金利も低い傾向があるお得なローンです。

ただ、担保に出す不動産の資産価値を調査する時間は業者によってまちまち。また、契約時の必要書類の数なども業者によって変わってきます。そこで、こちらのページでは、審査スピード・審査書類数・金利・返済期間の4項目を基準に不動産担保貸付業者を比較してみました。

業者によって返済期間も異なりますし、融資実行までの速度も違います。どの業者を利用するのがもっとも自社に合っているのかを調べるためにも、まとまった額の融資を必要としている場合はぜひ参考にしてください。

>>おすすめ不動産担保ローンランキングはこちら

おすすめビジネスローンランキングはこちら

事業資金を用立てる方法はいくつもありますが、もっとも気軽に使えるのが無担保・無保証で事業資金を融資してもらえるビジネスローンです。事業を法人化している場合は、申し込み者だけでなく法人の代表を連帯保証人にする必要があるものの、自営業者や個人事業主であれば、消費者金融で融資を受ける感覚で事業資金を用意できます。

また、契約しておけば定形しているATMからいつでも出金(借り入れ)ができるカードタイプのビジネスローンなどもあって便利です。ちなみに、法人向けクレジットカードは、事業に使う買い物の支払いはできても直接融資を受けることができません。普段の支払いやつなぎ融資など、さまざまなシーンに活用したい場合、クレジットカードではなくローンカードをつくるのがおすすめです。

ただし、無担保かつ無保証人、しかも提携ATMを利用して融資や返済ができるビジネスローンは便利な分金利も高いため、業者選びが重要になってきます。

こちらのページでは、たくさんある業者の中から一部をピックアップし、審査スピード、審査書類数、金利、返済期間の4項目で比べた結果をまとめました。

>>おすすめビジネスローンランキングはこちら

ご注意:当サイトでは、独自に情報を収集し、安心で安全なノンバンクを厳選してご紹介していますが、その内容を保証するものではありません。サイト内の記載はあくまでも参考とお考えいただき、実際に融資を受ける際は、事前に各社の各商品についてHPの記載などをもとに十分に理解し、申し込むかどうかはご自身でご判断ください。当サイトの管理人は、いかなる責任も負えませんので、予めご承知おき願います。

character01
どこに相談すればいい?使途に応じて借り分ける事業資金の調達先

事業資金の種類ごとに適した借入先は、だいたい以下のように考えておけばよいでしょう。
詳細ページでは、各金融機関で融資を受ける前に知っておきたいことなどを、わかりやすく説明しています。

character02
どんな融資を利用すべき?使途に応じて使い分ける事業資金の融資方法

事業資金の種類ごとに適した融資方法は、一般的に以下のとおりです。
詳細ページでは、各融資方法のメリットデメリットや必要書類などについて説明しています。

character02
「いつ?」「いくら?」などの条件で使い分ける事業資金の融資方法

「明日までに調達したい」「まとまった資金が必要」など、資金繰りの条件に合った融資方法も、覚えておくと便利です。
詳細ページでは、それぞれの融資方法でおすすめの金融機関をランキング形式で紹介しています。

 

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら
今すぐにつなぎ資金が必要ならこちら
安心業者ランキング
  • 即日融資が必要なら、手形貸付ランキング
  • 決算赤字が多いなら、手形割引ランキング
  • 300万円以上必要なら、不動産担保貸付ランキング
  • 決算赤字が無いなら、ビジネスローンランキング

ページの先頭へ