HOME » 【特集】審査が甘い?ノンバンクの事業資金融資事例集 » 融資事例5(自宅を担保に運転資金500万円を調達)

融資事例5(自宅を担保に運転資金500万円を調達)

このページでは、不動産担保貸付を利用して、事業のつなぎ資金をまとめて調達した建設事業主の事例を紹介します。

手形受取が多い建設業者が不動産担保貸付で事業資金融資を得た事例

つなぎ資金として不動産担保貸付を利用して事業資金を調達した建設事業主の事例を紹介元請けからの手形支払が多いため、自宅を担保として不動産担保貸付で日々の業務を回すためのつなぎ資金をまとめて調達したケース。
まずは概要を紹介しましょう。

  • 融資希望額/500万円
  • 事業内容/大分の建設業
  • 資金使途/事業のつなぎ資金
  • 担保/事業主の自宅

こちらは下請けとはいえかなり規模の大きな工事を請け負っている建設業者。
元請けからの支払は現金3対手形7と、仕事は忙しいわりに現金不足が常態化してしまっています。
手形割引でひとまず直近必要な資金を調達する方法もありますが、およそ半年分に相当するつなぎ資金をまとめて用意した方が、仕事にも余裕を持って取り組めるとの判断で、自宅を担保にした不動産担保貸付で500万円の融資を受けることにしました。

中長期的事業資金として利用する不動産担保貸付の特性

中小規模の建設業者の場合、得意先からの支払が手形になることもしばしば。
現金が回らないという意味では、手形割引で早期現金化を図るという方法もあります。
しかし、事例のように取引の7割が手形となると、請求から現金を手にするまでが常に長期間になるわけで、一部の手形を現金化しても中長期的な資金繰りの改善にはならないかもしれません。
そこで、担保にできる不動産を所有しているなら、不動産担保貸付でまとまった金額の融資を受けて、キャッシュフローに余裕を持たせておくのもひとつの手。
これも一種のつなぎ資金ですが、別の融資がおりるまでのごく短期のものや入金ずれの補填資金に比べると、この場合は中長期的返済で借りるつなぎ資金といえそうです。

【関連記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ