HOME » 事業資金調達・融資に関する用語集 » 赤字決算でも融資は受けられる?

赤字決算でも融資は受けられる?

赤字決算とは?

そもそも赤字決算とは、どのように定義されているのでしょうか。

すべての事業者は、一定期間の収入と支出を計算して、利益もしくは損益を算出します。これを決算と言います。これによって、法人であれば、決算月までの1年間、個人事業主であれば1月から12月までの1年間で利益が出たのか損失が出たのかを算出するのです。利益が出れば黒字決算、損失が出れば赤字決算となります。赤字決算の定義は、「収入が支出を下回ったために損失が出ること」となるのです。

もちろん黒字が出て儲かったほうがいいのは当然ですが、赤字決算にもメリットがあります。黒字決算の場合には、その額に応じて法人税や所得税が課せられます。しかし、赤字決算の場合には利益や所得が生じないので、課税されないのです。

赤字決算でも融資を受けることは可能?

結論から先に言うと、赤字決算であっても融資を受けることは可能です。

たしかに、一般的には赤字決算の出ている法人や個人事業主は融資を受けるのは難しいでしょう。融資先が銀行なら、大半の場合は審査前に断られてしまいます。しかし、消費者金融系やノンバンクのビジネスローンであれば、黒字か赤字かよりも、十分な返済能力やしっかりした事業計画の有無で融資の可否を判断するからです。

つまり、赤字決算が出ていても、十分な返済能力があると判断されれば融資を受けられる可能性はぐっと上がるのです。「赤字が減少している」「申込者本人が複数の資産を持っている」「売上が増加傾向にあり、黒字になる目処が立っている」といったような要素があれば、十分な返済能力があると判断されるでしょう。

赤字決算でもビジネスローンで融資を受けられるケース

実際に、赤字決算でのビジネスローンで融資を受けられるケースにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、そうしたケースを2つピックアップして解説していきます。

赤字の理由が「特別損失」であるケース

赤字にはさまざまな理由がありますが、赤字が出ている理由が「特別損失」である場合には、融資を受けられる場合があります。特別損失とは、リストラや災害による被害、子会社の増減などといった、特定の時期のみに生じた本業とは関係のない理由による損失のことです。つまり、赤字の原因が普段の業務とは関係ない理由で発生した事由である場合は、返済能力には影響しないと判断されるのです。ただし、赤字の原因が特別損失であれば必ず審査に通るというわけではないので注意しましょう。

決算書がいらないビジネスローンを利用する

ビジネスローンの中には、決算書がなくても申込可能な場合があります。申し込む前に、公式サイトの必要書類を確認し、その中に決算書が含まれていないところを探すというのも、赤字決算で融資を受けるための一つの手段です。しかし、決算書がいらない代わりに事業計画や資金計画についての書類提出を求められる場合もありますので注意しましょう。

赤字決算で融資を受けたいならノンバンクがおすすめ!

赤字決算でも融資を受けたいなら、ノンバンクがおすすめです。ノンバンクは銀行の融資に比べると、大幅に融通が効くからです。まず、ノンバンクなら銀行では担保にできない2番抵当、3番抵当といった不動産も担保として扱えます。ただし、不動産担保ローンの場合は、融資を依頼するノンバンクが対応している土地の不動産でなければ取り扱いができない場合もあります。地域密着型のノンバンクでは対応地域の不動産でなければいけないケースが多いので、融資を受けられなかった場合は全国対応型のノンバンクを利用しましょう。

また、ノンバンクの審査では決算書の内容よりも今後の事業計画や返済計画の方を重視します。一時期赤字が出ていても、先の見通しがきちんと立っていれば融資を受けるハードルはぐっと下がるでしょう。

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ