HOME » 事業資金調達・融資に関する用語集 » 金利

金利

事業資金の融資を受ける方法と金利について徹底解説!

このカテゴリーでは、事業資金の融資を受ける方法と、そのときにかかる金利について説明しています。とくに銀行から融資を受ける場合と、ノンバンクから融資を受ける場合を比較しながら解説していきます。

事業資金の融資を受けるってどういうこと?

事業資金の融資を受けるというのは、事業を始めるときの開業資金、事業と事業の間のつなぎ資金、事業をさらに展開するための資金などを、銀行やノンバンクから借りることでまかなうというやり方です。お金を借りて事業に使うので、金利が発生したり、返済が必要になったりしますが、短期で大きな資金を調達できるというメリットもあります。

銀行から事業融資を受ける

もっとも一般的な事業資金の融資は、銀行から借りることです。大手、地方を問わず、銀行は事業融資を行っています。銀行の事業融資の特徴は金利が低いことです。ノンバンクと比べるとはるかに金利が低く、返済の負担も軽くなっています。しかし銀行からの事業融資は審査が厳しく、経営状態の良くない企業や、開業したての個人事業主などは、融資を断られる可能性が高まります。

ノンバンクとは

一方ノンバンクとは、銀行ではない金融機関で貸金業者のことです。銀行よりも審査が通りやすので、銀行で融資を断られた人でも、事業融資を受けられる可能性があります。銀行で融資を受けたいと思っても自己破産の経験があったり、ほかにも借金があったりする場合は、経営状態を問わず審査に通らない可能性が高くなります。ノンバンクはそういった過去があった人でもできるのが特徴です。

ノンバンクなら即日の事業融資も可能

ノンバンクから事業資金の融資を受ける最大のメリットは、最短で即日融資も可能だということです。銀行からの融資だと、たくさんの書類をもとに厳しい審査を何日も重ね、ようやく振り込まれるというケースが多いのですが、ノンバンクなら早ければ60分でキャッシュを受け取れます。また必要な書類が少なく、担保や保証人がいらない融資もたくさんあるので、手続きもスムーズに行うことができます。

ノンバンクの事業融資は金利が高い

ただしノンバンクの事業融資は、銀行と比べるとはるかに金利が高いことがデメリットです。業者によっては年率20%近くの金利がかかることもあり、利子が膨らんでしまい返済の負担となってしまうことも珍しくありません。そのためノンバンクから事業資金の融資を受ける際には、どのくらいの金利でどのくらいの期間返済を続けるのか、しっかり計画を立てておく必要があります。

すぐにでも資金が必要ならノンバンクを利用するのも1つの手

事業融資を受ける際に、金利という側面で言えば銀行から借りた方が安く済みます。しかし緊急でキャッシュが必要になったとき、銀行からの融資を待っていては間に合わない可能性があります。また過去の支払い履歴に問題がある場合は、そもそも事業融資を受けることすらできない可能性もあります。そこですぐにでも資金が必要な人には、金利が高くてもノンバンクから事業融資を受けた方が事業も進めやすいでしょう。その際には必ず無理なく返済できるような計画を立てて申し込むようすることが大切です。ノンバンクは「ただ借りて終わり」ではなく、しっかりと相談にのって事業を成功に導くための手助けをしてくれるところもあります。当サイトではさまざまなノンバンクの会社を紹介しているので、会社選びの参考にぜひチェックしてみてください。

ノンバンク一覧を確認してみる>>

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら
今すぐにつなぎ資金が必要ならこちら
安心業者ランキング
  • 即日融資が必要なら、手形貸付ランキング
  • 決算赤字が多いなら、手形割引ランキング
  • 300万円以上必要なら、不動産担保貸付ランキング
  • 決算赤字が無いなら、ビジネスローンランキング

ページの先頭へ