HOME » 事業資金調達・融資に関する用語集 » ノンバンクで資金調達するには?

ノンバンクで資金調達するには?

ノンバンク融資による資金調達

事業を行っている法人や個人の方が、会社や個人事業を行っていく上で資金が必要になった場合、様々な方法で資金を調達することができます。その中の一つにノンバンク融資というものがあります。その名の通り、銀行から資金を借りずに銀行以外の業者からお金を借りることを指します。ここでは一体ノンバンク融資とはどういうものなのか、メリット・デメリットは何なのかを説明します。

ノンバンク融資の定義

融資を受けるのは誰?

融資を受けたい人というのは、個人で事業を行っている人や会社を経営していてお金が必要になる人です。事業を始める場合に必要なお金は一般的に銀行から借り入れることが多いですが、事業を営んでいて追加の資金が必要になった場合は銀行以外からも借り入れることがあります。融資は投資と異なり、借りた資金を返済する必要があります。当然、借りたお金には利子を付けて返す必要があり、この利子の違いや融資の額が借りる先によって大きく異なります。

ノンバンク融資とは?

ではノンバンク融資とはどういった融資を指すのでしょうか。ノンバンクという言葉が示すように、銀行以外の業者から資金を借り入れることを指します。ここでの銀行とは、大手の銀行・地方銀行などの一般的に銀行業を営む企業や、信用組合や労働金庫なども含みます。ノンバンクというのは、消費者金融やクレジットカード会社のような企業を指します。これらを総称し、銀行以外からの資金調達をノンバンク融資と定義しています。ノンバンクは、銀行とは違い、お客さんからお金を預かることはありません。銀行では預金という形でお金を預かって、金利を付けて返すという業務を行っていますが、それがノンバンクにはありません。基本的には、お金を貸し付けて金利を付けて返済させるという業務を行います。

ノンバンクの行う商売

ノンバンクは前述の通り、銀行の行っている預金業務などではなく、金銭の貸し付けによってお金を儲けています。もちろん、銀行でも融資を行っているので同じ業務を行っていることになりますが、仕組みは少し異なります。銀行はお客さんから集めたお金を元手に貸し付けを行いますが、ノンバンクは預金業務がないので貸し付ける元手がありません。そこで、ノンバンクは銀行からお金を借ります。銀行から借りたお金をまた別の人や企業に貸し、利子でお金を儲けます。当然、銀行からの利子以上の利率を課さないと商売にならないので、ノンバンクからの融資の場合、利子が高くなります。また、ノンバンクは銀行からお金を借りる以外に、約束手形や債券などの証券発行によっても資金を作り、貸し付けに用います。銀行とは根本的にお金の出所が異なるものと認識しておいてください。

ノンバンク融資にもいくつか種類がある

ノンバンク融資というのは、銀行や信用金庫などの金融機関以外からお金の融資を受けることを指すというのは上述した通りですが、ノンバンクの金融機関というのはどういったものがあるのでしょうか。まずは個人に対して融資を行うもの、そして事業を行っている企業に対して行うものに分けられます。特に消費者金融、信販会社、クレジットカード会社が3つの大きなノンバンクとして有名で、リース会社、不動産金融専門会社、ファクタリング会社などが次点に挙がります。それぞれの特徴があるので、融資を受けたくてノンバンクを探している場合はしっかりと把握しておく必要があります。

消費者金融

ノンバンクとして有名なのが消費者金融です。消費者金融は銀行とは異なり、貸金業法に則って個人にお金を融資するのが仕事です。一般的に、無担保で融資を受けることができるのが特徴です。ドラマや漫画に登場するものとして消費者金融を捉えている方にとっては、法外な金利でお金を貸し付ける悪役というイメージが強いかも知れませんが、そういった違法な金利は貸金業法で禁じられているので起こりえません。あくまで法定金利での貸し付けとなるので安心して下さい。他のノンバンクの会社と異なり、受けられる融資額が少額というのがもう1つの特徴です。消費者金融の親会社は銀行であることも多く、銀行系ノンバンクとしても知られています。

信販会社

信販会社もノンバンクの1つとして数えられます。販売信用取引を行う会社を指します。利用者に代わって代金の支払いを行い、後から利子を付けた代金を利用者に請求するのが販売信用取引と呼ばれるものです。通常に払うよりも利子の分が余計に必要となります。この利子も一般的に銀行の利子よりも高くなるのが特徴です。また、信販会社は昨今ではクレジットカード会社との合併が進むなどしており、一緒にカウントされることも多いです。

クレジットカード会社

クレジットカードを取り扱っている会社を指します。クレジットカードも販売信用取引と似ており、利用者がクレジットカードを使って買ったものの代金を後から請求します。1回払いなどでは利子が付かないことが多いですが、複数回に分けて払う分割払いや、リボ払いなどは利子がかかります。またローンを取り扱っている会社も多く、利用者の買いたいものに合わせたローンを用意しています。マイカーローンや家のローンなどがこれに当たります。

リース会社

リース会社も1つのノンバンクです。リースとは、利用者が大きな設備を導入する際に、一時的にリース会社がお金を出して買うことを指します。利用者は、買ってもらった設備代金を分割でリース会社に返済します。この際に利子がかかります。どうしても今導入しなくてはならない設備があり、手元に資金がない場合はリースで設備を買うことになります。

不動産金融専門会社

不動産金融専門会社というのは、企業や個人の持つ不動産を担保にして融資を行う会社を指します。無担保で融資を行う消費者金融と比べて、大口での融資が可能なのが特徴です。銀行などとは異なり、独自の審査基準を持っているので、判断のスピードが早く、融資決定までが早いというがメリットです。

ファクタリング会社

ファクタリング会社は企業から売掛債権を買い取って融資を行う会社を指します。例えば、ある商品を1,000万円でA社に売ったとします。A社が現金で払わず、買掛金という形で支払った場合、手元には現金ではなく売掛債権が残ります。多くの場合、数か月先に支払うという制約が付いている売掛債権ですが、その月が来るまでに現金が必要になることがあります。そういった場合にファクタリング会社を利用します。持っている売掛債権を買ってくれ、代わりに現金をくれます。ファクタリング会社は売掛債権がどの程度回収できそうかを計算し、それに見合った金額を支払ってくれます。

ノンバンクで資金調達するメリット

ここからはノンバンクで融資を受けるメリットとデメリットを説明します。なぜ銀行からお金を融資してもらわずに、ノンバンクから融資をしてもらう必要があるのか、どんな得があるのかを説明します。まずは、ノンバンクで融資を受けるメリットからです。

銀行の厳しい審査がない(赤字や税金の未納問題も関係なし)

ノンバンクで融資を受けるメリットの第一に挙げられるのが審査の容易さです。上でも述べた通りですが、銀行とノンバンクでは従う法律が異なります。銀行は銀行法に則って融資を行いますが、ノンバンクは貸金業法に則って融資をします。つまり、銀行の審査とは別の基準で審査を行うのです。ここが大きなメリットとなります。例えば、企業の状態が悪い場合を考えましょう。企業の業績がずっと赤字続きで、経営を打開するための施設を導入したいけれども、それを購入するお金がないという時、銀行では赤字を理由にお金を融資してもらえない可能性があります。しかしながら、ノンバンクでは赤字であるかどうかは審査しないことが多いです。金利を高く設定し、その金利で儲けるという業態なので、企業の今の状況を重視しないことも多いです。また、企業が税金を払っていないといったケースも同様です。税金未納の状態が続く会社への融資は銀行は行いませんが、ノンバンクであれば可能です。厳しい審査がなく融資を受けられるというのが大きなメリットであることがわかったでしょうか。

会社の将来性を判断してくれるので実績も必須ではない

ノンバンクのメリットは銀行のような厳しい審査がないだけではありません。事業を行う上での将来性に着目し、融資の可否を検討してもらえる点もあります。どういうことかというと、銀行などは企業のこれまでの業績や負債の有無といった過去に特に注目して融資の可否を判断することが多く、将来的にどの程度事業が成功するかについてはあまり見てもらえません。もちろん、見ないわけではありませんが、過去に業績不振な状態が続いた事実があれば、そちらを理由として融資額が減ったり、融資をそもそもしてもらえないということがあるのです。しかしながら、ノンバンクは企業の将来性について評価をしてくれます。融資した金額に見合うだけの将来性のある事業をこれから行うと判断された場合には融資が下ります。利率が高い代わりに過去の実績には目をつむってくれるという風に解釈しても良いでしょう。当然のことながら、将来性がないと判断された場合や過去の状況があまりにも悪い場合は審査が通らないこともあります。あくまで銀行等と比べて審査の基準が異なるということです。

アドバイザリーとして助言をもらえる

事業を行う上でアドバイスをしてくれる存在は大きいです。スタートアップでは、VCやエンジェル投資家といった先に融資をお願いすると同時に、アドバイザリーをお願いすることも多いです。そういった場合と同様に、ノンバンクにも融資以外に経営や事業の方向性についてアドバイスをしてくれるところもあります。多くの企業に融資を行っているプロとして専門家としての助言が期待できるでしょう。銀行はあくまで企業のそれまでの業績と現状の判断を行うのみでアドバイスなどはくれませんが、ノンバンクはそうではありません。継続的な融資を期待するのであれば頼れるノンバンクを見つけるのも1つの手と言えるでしょう。

急な融資のお願いにも対応可能

ノンバンクのメリットとして忘れられないのが融資までの早さです。個人であっても企業であっても融資をお願いしてから早ければ即日融資が決定することもあります。銀行であれば、審査に時間がかかるので即日融資というのはあり得ません。申し込みをしてから審査を経て、結果の通知までに1週間から2週間かかるのが通常です。しかしながら、ノンバンクは銀行と違って柔軟な対応が可能なので、すぐに資金が必要と判断した場合には対応も早いです。通常2~3日の内に融資の可否が判断され、その後融資となります。金利の安い銀行に借りずにノンバンクを頼るという状況は、大抵すぐに資金が必要である場合です。そういった状況を鑑みて融資可否を早急に審査してくれるのは助かりますね。

融資の方法が多い

ローンなどを取り扱っているノンバンクの金融業者は大抵の場合、複数のローンを用意しています。不動産を保有している方は不動産担保ローンを、そうではない場合は事業の将来性を判断する事業者ローンなど様々な用途に合わせたローンを選ぶことができるのもメリットと言えるでしょう。

ノンバンクで資金調達する場合に気を付けたい点

ここまでノンバンクの金融業者のメリットばかりを挙げてきましたが、もちろんデメリットも存在します。このデメリットを把握せずに、ノンバンクから融資を受けてしまうと結果的に損を被るといった可能性もあります。金利の高さなどはこれに当たりますね。審査のハードルが低いからと言って飛びついてはいけません。しっかりとデメリットも理解した上で、銀行から融資を受けるのか、ノンバンクから融資を受けるのかを判断しましょう。

借り入れの履歴が信用情報として登録されてしまう

ノンバンクの金融業者から融資を受けると借り入れの履歴が信用情報として残ってしまうというデメリットがあります。複数の会社から借り入れを行い、返済可能な額を超えてしまうことを防ぐために借り入れの総額を信用情報機関が集めるのですが、そこに履歴が残ることになります。返済を完了していないうちから他所で新たな借り入れはできません。また、クレジットカードなどを作る際にも確認される利用者の情報となるので、負債が大きい場合や返済が滞っている場合はクレジットカードの審査も通らない可能性があります。

融資金額が低く、金利が高い

銀行と比べてノンバンクが可能な融資額は低いです。審査の方法が銀行と異なるということは、返済可能と思われる額しか融資してもらえないのは当たり前です。また金利が高いのもデメリットの1つです。ノンバンクは銀行からお金を借りて資金としていることもあり、銀行よりも金利が高いことが多いです。

個人の場合は総量規制に注意

個人で融資を受けたい場合は総量規制にも注意しましょう。これは、収入の三分の一程度までしか融資を受けることができないという決まりのことで、返済能力を超える金額を借りられないようにするためのものです。法人には当てはまらないので個人の方のみ注意が必要です。

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら
今すぐにつなぎ資金が必要ならこちら
安心業者ランキング
  • 即日融資が必要なら、手形貸付ランキング
  • 決算赤字が多いなら、手形割引ランキング
  • 300万円以上必要なら、不動産担保貸付ランキング
  • 決算赤字が無いなら、ビジネスローンランキング

ページの先頭へ