HOME » 事業資金調達・融資に関する用語集 » ノンバンクの金融業者から融資を受けた場合の返済について

ノンバンクの金融業者から融資を受けた場合の返済について

事業を営んでいる経営者や個人で資金が必要になった場合、金融業者から融資を受けるのが一般的です。しかしながら、借りたお金はしっかりと返済する必要があります。特に銀行以外の金融業者、ノンバンクと呼ばれるところからお金を融資してもらった場合には返済計画を立てて返済するのが良いでしょう。そもそも銀行とノンバンクの金融業者の違いとはどういうところにあるのか、ノンバンクから融資を受ける場合の注意点などを踏まえて返済について説明します。

資金を調達するなら銀行かノンバンク

事業を営む上で資金の調達の方法には2つの方法があります。一般的に良く知られているのは銀行から融資を受けるという方法ですが、ノンバンクと呼ばれる銀行以外の金融業者から融資を受けるという方法もあります。当然、お金を融資してもらうのですから返済をしていく必要があります。返済のペースや方法も変わってくることになるので、銀行とノンバンクの金融業者の違いをしっかりと把握しておく必要があります。ここではまず銀行とノンバンクの金融業者の違いを説明し、その後返済をするにあたって気を付けるべきことを説明します。ノンバンクの金融業者から融資を受ける場合というのは、大抵時間がなく、すぐに資金が必要な状態であることが多いです。そういった段階になってからノンバンクと銀行の違いを知ったのでは対応が後手に回ってしまいます。事前に資金の調達方法と返済方法として知っておいても損はありません。

銀行とノンバンクの違い

そもそも銀行とノンバンクはどう違うのでしょうか。どちらもお金を貸してくれるところという意味では同じですが、事業の仕組みが異なります。そのため、両社が従う法が異なり、融資の審査が異なり、融資額も異なります。それぞれの違いを順を追って説明します。

業態が違う

上で銀行とノンバンクが行う事業の仕組みが違うと述べました。銀行が行っているのは、お客さんからお金を預かり、いつでも引き出せるように保管しておく業務がメインとなります。もちろん、預かったお金には金利が付き、銀行側は預かったお金を運用することで利益を出します。その運用の1つの方法が、企業や個人への融資となります。つまり、お金を融資する場合の原資となっているのは、お客さんから預かったお金になります。銀行という業務は誰もが始めることができるわけではありません。銀行が行う業務は銀行法という法律で規定されています。一方で、ノンバンクの金融業者は預金業務を行っていません。そのため、個人や企業に対して融資する際の原資となるのは、銀行からの借り入れ、約束手形や債券などの証券発行によるものです。根本的に資金力に違いがあります。また、ノンバンクの金融業者が従う法律は貸金業法となります。これは金融庁が管轄しており、銀行法とは管轄が異なります。

融資の審査が違う

銀行とノンバンクの金融業者の大きな違いは審査です。一般的に銀行の融資審査は厳しく、なかなか融資してもらえない、または融資が通っても額が少ないといったことがあります。逆に、ノンバンクの場合は審査の仕方が異なり、融資が通りやすいという特徴があります。これには理由があり、銀行が行う融資は審査で見るポイントは企業や個人のそれまでの業績や行いを重視するのです。企業であれば、過去に多くの負債を抱えていたことがないか、現在の財務状況がどうか、借り入れがあった場合の返済のスピードはどうかといったことを見ます。個人であれば、他に借り入れがないか、債務超過となった経験はないか、家などはローンに入っていないかといった情報を確認します。過去に行われた実績を重視する傾向にあります。逆に、ノンバンクの金融業者はこれからの事業の成り行きや見通しを重視して審査を行います。企業であれば、これからの業界動向に合わせた経営方針となっているか、どの程度で返済が見込まれるかといったことを確認します。個人であれば、年収はどの程度で、いつまでに返済が可能となるかといった点を見ます。銀行とノンバンクでは審査の基準が異なるため、審査が通りやすいと感じることもあるようです。

融資額が違う

融資額も銀行とノンバンクでは大きく異なります。銀行の方が融資額は大きく、ノンバンクは少ない傾向にあります。これもしっかりと理由があるのです。銀行は多くのお客さんから預金としてお金を預かっており、資金力は豊富にあります。つまり、1回の融資における最大値が違うのです。逆に、ノンバンクはどうでしょうか。ノンバンクの資金源は銀行からの借り入れも含みます。つまり、銀行から利子込みでお金を借りている状態で、さらに企業や個人へ融資を行うので、銀行から借りたお金を全額一社または一個人に割り当てることはできません。どうしても融資できる金額は少なくなってしまいます。また、ノンバンクでは不動産を担保にした融資というものを行っているところもあります。価値が高くても、満額の融資はできないため、少ない金額での融資となるのは当然です。融資額の違いも大きいですが、その代わりに融資のスピードが早いという特徴もあります。銀行では審査に時間をかけるため、融資可否の判断に1週間から2週間かかるのが通常です。ノンバンクでは早ければ即日、数営業日後には融資可否の結果が出ることが多いです。早急に資金を調達する必要がある場合は助かりますね。

ノンバンクから融資を受けた場合の気を付けたい点

さて、銀行とノンバンクの大まかな違いがわかったところで返済について考えましょう。ノンバンクから融資を受けた場合に気を付けておくべきことが3つあります。まず初めに、金利の高さです。そして、返済計画が大事となること。最後に信用情報が第三者に開示されるということです。これらがどういったことを意味するのか見て行きましょう。

金利が高い

ノンバンクのメリットは融資のスピードや審査が通りやすいことでした。その代わりに、ノンバンクの利子は銀行から融資を受ける場合と比べて高いです。金利の高さというのは、いうなれば返済に時間がかかるということです。返せそうもない金額の融資を希望すると、利子の支払いだけで大変です。

返済計画

融資を受ける際に最も大事なのは返済計画です。ノンバンクは審査のハードルが銀行よりも低いため、融資を受けられることも多いでしょう。しかしながら、金利の高さがあるため、返済計画をしっかりと立てていないと、お金を返済できなくなってしまいます。どういった算段で返せるとしているのかは、ノンバンクが審査でも見るポイントとなるので、しっかりと返済計画を練った上で融資の申し込みをする必要があります。金融業者では、月々に返済しないといけない金額を定めているところも多いです。企業であれば、業界の動向や事業の方向性と大きく関わる部分なので返済計画が重要となります。

信用情報が登録される

ノンバンクから融資を受けた場合、個人であれ法人であれ、どの程度の金額の融資をどこから受けているかといった情報が第三者機関に登録されることになります。これは、複数の金融業者から返済可能額以上の融資を受けることがないようにするためです。返済が滞っていると、新たな融資も受けづらくなるのでノンバンクからの資金調達は慎重に行う必要があります。こういった点に注意をしてノンバンクからの借り入れを検討して下さい。

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら
今すぐにつなぎ資金が必要ならこちら
安心業者ランキング
  • 即日融資が必要なら、手形貸付ランキング
  • 決算赤字が多いなら、手形割引ランキング
  • 300万円以上必要なら、不動産担保貸付ランキング
  • 決算赤字が無いなら、ビジネスローンランキング

ページの先頭へ