HOME » 【使途別】事業資金調達先一覧 » 設備資金・起業資金なら銀行融資

設備資金・起業資金なら銀行融資

このカテゴリーでは、設備資金や起業資金として利用できる銀行融資などについて紹介しています。

事業の設備資金や起業資金で利用できる銀行融資とは

銀行による事業資金用途の融資には信用保証付き融資、プロパー融資、ビジネスローンがあります。
まずはその概要を説明しておきましょう。

信用保証付き融資
銀行との取引実績があまりない中小企業が融資を依頼する場合に利用する方法で、万一、返済不能になった時に信用保証協会が立て替え払いをするという保証を付ける融資。
信用保証料がかかるものの、無担保で第三者保証が不要となるケースがほとんどです。

プロパー融資
信用保証付き融資と違って信用保証なしでの融資を意味しますが、実際には下記のビジネスローンでの融資になることが少なくありません。

ビジネスローン
無担保・第三者連帯保証不要で事業用途に使えるローンで、直近の決算書2~3期分での審査になります。

なお、銀行は規模が大きいほど融資限度額が高く、金利も低い傾向がありますが、それに反比例するように、小規模な企業への融資はハードルが高くなります。
融資枠以上の金額を貸してくれることはまずなく、融資枠の変更も簡単ではありません。
所有不動産があれば不動産担保ローンでの融資を受けられる可能性がありますが、いずれにしても小規模企業にとって銀行の融資は審査や融資枠のハードルが高いもの。
その点、ノンバンクの事業資金融資は概ね金利などの条件でも大差がなく、審査のハードルも低めに設定されています。

【このカテゴリーの記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ