HOME » 【使途別】事業資金調達先一覧 » 設備資金・起業資金なら銀行融資

設備資金・起業資金なら銀行融資

このカテゴリーでは、設備資金や起業資金として利用できる銀行融資などについて紹介しています。

事業の設備資金や起業資金で利用できる銀行融資とは

銀行による事業資金用途の融資には信用保証付き融資、プロパー融資、ビジネスローンがあります。
まずはその概要を説明しておきましょう。

信用保証付き融資
銀行との取引実績があまりない中小企業が融資を依頼する場合に利用する方法で、万一、返済不能になった時に信用保証協会が立て替え払いをするという保証を付ける融資。
信用保証料がかかるものの、無担保で第三者保証が不要となるケースがほとんどです。

プロパー融資
信用保証付き融資と違って信用保証なしでの融資を意味しますが、実際には下記のビジネスローンでの融資になることが少なくありません。

ビジネスローン
無担保・第三者連帯保証不要で事業用途に使えるローンで、直近の決算書2~3期分での審査になります。

なお、銀行は規模が大きいほど融資限度額が高く、金利も低い傾向がありますが、それに反比例するように、小規模な企業への融資はハードルが高くなります。
融資枠以上の金額を貸してくれることはまずなく、融資枠の変更も簡単ではありません。
所有不動産があれば不動産担保ローンでの融資を受けられる可能性がありますが、いずれにしても小規模企業にとって銀行の融資は審査や融資枠のハードルが高いもの。
その点、ノンバンクの事業資金融資は概ね金利などの条件でも大差がなく、審査のハードルも低めに設定されています。

小規模企業には信用金庫もおすすめ

大小問わず、事業を行なっている方に対して預金や融資などの金融サービスを提供している金融機関です。

起業をするとなるとどうしても運転資金が必要となるのですが、企業したばかりという理由で相手にされにくいときは信用金庫が頼りになります。地元企業の情報や経済の動きの最新情報を教えてくれるだけではなく、融資サポートやアドバイスまで丁寧に行ってくれるのです。

そもそも信用金庫は地域密着型の金融機関ということもあり、地元企業の応援体制がしっかり整っているので、企業したばかりの小さい企業にも積極的に融資しています。

会員になる最大のメリット

一般的に、信用金庫から融資サポートを受けるには、融資を受けたい信用金庫の「会員」になる必要があります

そして、各信用金庫で定められている一定条件を満たせば、融資サポートが受けられる仕組みとなっているのです。信用金庫の会員になることで得られるメリットは大きく3つあります。

 

①低金利でローンを組める

信用金庫では、有利な金利でローンを使用することができます。ローン額も、通常の銀行とほとんど変わらない金利なので、大手銀行と比較しても負けないローンが組めるのです。ここでは、ある大手銀行と信用金庫の金利を比較してみました。

  三菱東京UFJ銀行 京都中央銀行
教育ローン 2.750%
(インターネット受付専用商品)
2.50%
(来店不要型)
マイカーローン 2.975%
(インターネット受付専用商品)
2.90%
(来店不要型)
フリーローン・多目的ローン 5.475%
(インターネット受付専用商品)
4.80%
カードローン 4.6%~14.6% 6.0%~14.5%

※2014年4月の情報です。

各信用金庫によって金利は異なりますので、京都中央銀行と同じ金利ではありません。信用金庫でローンを組む前に、事前確認を行いましょう。

 

②優遇金利を利用できる

通常のローンよりも安い金利で組める「優遇金利」を利用できる可能性が高まります。各信用金庫によって差はありますが、全体的におよそ0.1%~0.5%も低い金利で優遇される場合が多いようです。

例を挙げると、熊本中央信用金庫では

  • 教育ローンの金利:3.2%~2.7%
  • カードローンの金利:5.5%~5.0%

の金利が優遇されています。

ローンを検討している方にとっては、結構大きいのではないでしょうか。

他にも、信用金庫の口座を使って、給与振り込みや公共料金の引き落とし先として使用すると、さらに優遇される場合もあるようです。

もし、信用金庫の口座をお持ちの方でローンを検討している場合は、口座の状況を確認して、一度近くの信用金庫に問い合わせてみると良いでしょう。

 

③定期預金よりお得

定期預金を行った場合、通常の定期預金金利は0.025%に対して、会員は2%~4%の出資金配当となっています。このことから、出資金の利回りが通常よりも高いことがわかるのです。

よっぽどの理由がない限り、出資金は変動しませんので、大きなメリットであると言えます。しかし、出資金は誰にでも必ず配当させるのもではありませんので、理解しておきましょう。

これらの事を考えると、信用金庫を利用するにあたって会員登録をすると、かなりメリットがあることがわかってきます。しかし、会員になるためにも様々な条件があるのです。

条件を満たすためには、何が必要となるのでしょうか。次に、信用金庫から融資を受ける条件を紹介していきます。

融資を受けるためには会員資格が必要

信用金庫の会員登録を行うには、まず会員資格があるかどうかが必要です。

会員資格があるのは、

  • 信用金庫の支店の営業地域にお住まいあるいはお勤めの方、もしくは事業所を持っている方
  • 事務所を持っている方
  • 営業地域内にお住いの方

のいずれかに当てはまる方に限られます。

但し、個人事業主や法人事業者にも条件があり、

  • 従業員が300人を超えている、または常時勤が300人を超えている
  • 資本金が9億円を超える法人事業者

の両方に当てはまる場合は、対象から外されてしまいます。

冒頭でもお伝えした通り、信用金庫は資金が借りられない地元の小規模の事業者に対する支援に力を入れていますので、このような条件を設けているのです。

次に、信用金庫に出資をする資金があるかどうかも必要となります。会員になるためには、もちろんお金がかかります。基本的に、出資金は一口500円からとなっていますが、各信用金庫によって最低取扱口数が決まっていますので、指定口数に合わせましょう。

基本的に、個人であれば5000円(10口)、または1万円(20口)からとなっている場合がほとんどで、一番口数が多くても10万円(200口)が目安となっています。

出資金は戻ってくる?

出資金の返還は可能ですが、面倒な手続きをしなければなりません。たとえ、一度しか支払っていなくても返還の手続きが必要となるのです。

出資金の譲渡や脱退を申し込んでから返還されるまでにかかる日数が、譲渡の申し込み日から6ヶ月経過した日以降と定められていますので、かなりのタイムラグが発生します。

しかし、返還の申し込みを行えば出資金は戻ってくるので、安心して利用できます。企業資金や設備資金が必要なら信用金庫もおすすめです。

【このカテゴリーの記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ