HOME » 【使途別】事業資金調達先一覧 » 設備資金・起業資金なら銀行融資 » 【コラム】銀行融資だけで間に合うのか

【コラム】銀行融資だけで間に合うのか

このページでは、銀行などの金融機関から法人融資を受ける場合のつなぎ融資や、つなぎ資金と呼ばれる急な運転資金の融資について解説します。

銀行など金融機関による法人融資を受けられる可能性

銀行など金融機関に法人融資を相談する場合、審査の難易度や要する時間などから別途つなぎ資金を用意する必要性について説明起業資金なら、必要な資金の半分を目標にして自己資金を貯めておきましょう。金融機関によって貸付条件は異なりますし、担保や保証人を用意できるのかなどによっても状況は違いますが、それ以上の融資を受けるのは、リスクもハードルもかなり高くなるためです。
また、銀行融資を受けるには、しっかりした事業計画が必要です。

設備資金は、機械の故障などで急に必要になることがありますが、銀行融資を受けるには、根拠のある返済計画が必要です。

起業資金も設備資金も、たいていは多額で返済期間も長期となるので、少しでも金利が低い融資を利用したいところですが、新規に立ち上げたばかりの会社では、都市銀行=メガバンクの審査に通る確率はかなり低くなります。
信用金庫や信用組合は、都市銀行に比べて審査に通りやすいと言われていますが、融資を受けるには会員や組合員として信用を得ていることが前提なので、起業資金を融資してもらうのは、なかなか難しいでしょう。

それでも、銀行などとの関係はビジネスに不可欠なので、その時の審査に通るかどうかは別として、必ず複数の銀行に相談しておくべきです。銀行もさまざまな情勢に左右される時代ですから、その意味でも1つの銀行だけを取引先とするのではなく、公的制度も使いつつ、複数の金融機関との取引をしておくべきでしょう。

銀行融資実行までのつなぎ融資、運転資金のつなぎ資金で頼れるのは…

銀行融資や公的融資は、金利が安い代わりに、緻密な事業計画書や返済計画書が必要で、審査にも時間がかかるのがネックです。
そんな時に頼りになるのがノンバンク独自の審査基準スピード対応してくれるので、つなぎ融資として貴重します。

また、事業を進めてゆく上では、自社の努力ではどうにもならない入金ずれなどの事故が起きますし、納税や社員に賞与を払う時期は、事業のサイクルとは無関係にやってきます。そんな時の運転資金のつなぎ資金で頼りになるのも、”審査甘い"とか"審査激甘"と言われるノンバンクです。

多額の融資は公的融資や銀行融資を利用して長期返済、つなぎ融資やつなぎ資金はノンバンクを利用して短期返済という使い分けを覚えておくとよいでしょう。

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ