HOME » 【使途別】事業資金調達先一覧 » 設備資金・起業資金なら銀行融資 » 信用金庫・労働金庫・信用組合

信用金庫・労働金庫・信用組合

このページでは、銀行とは異なる金融機関、信用金庫・労働金庫・信用組合について、法人融資の対象や傾向などを紹介します。

信用金庫・労働金庫・信用組合の法人融資の対象とは

銀行とは異なる金融機関、信用金庫・労働金庫・信用組合について、法人融資の対象や傾向などを紹介そもそも信用組合とはどのような組織なのでしょうか?
中小企業や個人が助け合いを目的として協同で設立した金融機関を意味します。
そのため顧客は組合員であり、組合員の利益を優先する点で株式会社である銀行とは性質が異なります。
また、信用金庫は出資者に対してサービスを提供する金融機関であり、この2つの他にも労働金庫や農協が同種の組織です。
農協は農業に従事するヒトに特化した組織なので、一般的な中小企業の場合、融資を相談できるのは信用金庫、労働金庫、信用組合の3つになるでしょう。

信用金庫・労働金庫・信用組合による法人融資の傾向

信用金庫の場合、銀行よりは小規模融資となりますが、営業エリアの制限はあるものの広域
一方、信用組合の場合、営業エリアは狭くなります。
信用金庫、信用組合とも銀行と比べて資金量が少ないため、融資の金利は高く設定されていますが、中小企業にとってもっとも真剣に付き合ってくれるのも信用金庫や信用組合。
その点で、中小企業が設備資金や起業資金を調達したいなら、信用という意味でも地元の信用金庫や信用組合と取引実績を積んでおくことをおすすめします。
また、労働金庫の場合、融資商品は個人向けがメインなので、事業目的だとフリーローンを利用することになると思います。
なお、信用金庫、労働金庫、信用組合から融資を受けるためには、会員もしくは組合員になって信頼関係を築いておく必要があります。

【関連記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ