HOME » 【使途別】事業資金調達先一覧 » 運転資金・設備資金ならノンバンク融資 » 【コラム】個人向けカードローンの流用について

【コラム】個人向けカードローンの流用について

このページでは、個人向けカードローンを法人の事業資金調達方法として利用する際に知っておきたいポイントを紹介します。

個人向けカードローンは事業資金調達の方法になるのか

カードローンによるキャッシングは、ATMで即借りられる点が特長。審査が必要な一般の融資に比べると、かなり便利なサービスです。
しかし、法人の事業用途で利用できるカードローンは種類が少なく、もし利用するとなると個人事業主向けのサービスを検討することになるでしょう。
個人向けの借入では年収の1/3までという総量規制がありますが、個人事業主向けのカードローンでは制限以上の金額を借りられる場合があるので、よく確認してください。
個人向けカードローンの中には"用途は自由"と謳っているものがあり、テキトウな広告サイトでは、あたかも事業資金に利用できるカードのように紹介されていることがありますが、注意書きを良く見ると事業性資金はNGになっていることがあります。総量規制外でない個人向けカードをわざわざ作るメリットはないので、きちんと確認しましょう。

個人事業主向けのおすすめカードローン

カードローンの中でも個人事業主向けとして事業用途での貸出に対応しているサービスをピックアップしておきましょう。

カード会社 サービス名称 借入限度額 年利
スルガ銀行 スルガカードローン
(経営者、個人事業主向け)
300万円 14.9%
オリエント
コーポレーション
CREST for Biz
(個人事業主専用)
300万円 6.0~18.0%
セゾンファンデックス VIPカードローン事業コース
(個人事業主専用)
500万円 6.5~17.8%

上記以外の銀行や信販会社でも、個人事業主向けカードローンを取り扱っているところがあります。
ATMで手軽に出金できますが、事業資金としては金利が高いので長期借入にはせず、低金利な融資を受けるまでのつなぎとしての利用にとどめるべきでしょう。
総量規制の対象にならないので安易に借りてしまいがちですが、気付かぬうちに多額の利息を払い続けていたなどということにもなりかねません。
事業資金であっても、実質的には個人の債務となりますので、注意しましょう。

【関連記事】

 

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ