HOME » つなぎ資金調達方法ランキング

つなぎ資金調達方法ランキング

このカテゴリーでは、事業運営に必要なつなぎ資金の借入方法である手形貸付不動産担保ローンビジネスローンについて、メリットとデメリット、利用シーンなどを解説します。また、融資とは異なる事業資金の調達方法として知っておきたい手形割引なども解説します。
さらに、それぞれの貸付方法について、おすすめの業者をランキング形式でご紹介します。

つなぎ資金に便利な融資方法とは

事業資金の融資を検討する場合、その用途や自社を取り巻く状況によって、金額や返済期間が変わってきます。経営者なら、いろいろな資金調達方法をしっかり理解して、適切な方法を選択できるようにしておく必要があります。
事業資金向けの金融サービスにはそれぞれ性質の違いがあるので、自社の目的にはどの貸付方法が最適かを見極めて、それに対応してくれる業者に相談する必要があるわけです。
細かい条件によっても異なりますが、だいたい以下のように考えておけばよいでしょう。

  • 急な現金が必要      → 審査が甘く、即日融資も可能な手形貸付
  • 決算赤字が多い      → 手形振出し企業の信用で資金調達が可能な手形割引
  • 300万円以上の融資が必要 → 高額融資も可能な不動産担保貸付
  • 決算赤字が無い      → 無担保・無保証のビジネスローン

詳細ページでは、各種の融資サービスの特徴などをわかりやすくまとめてみましたので、経理的な知識に自信がない方は、ぜひ参考にしてください。

また、それぞれのサービスでおすすめできる専門業者もピックアップして紹介しています。
業者によって対応の積極性やスピードが異なるので、資金繰りに不安があるなら、窮地に追い込まれる前に問い合わせてみるのもいいでしょう。
民間金融業者でも、全国規模の大手企業にもなるとやや画一的な対応をされることもあります。
個人事業主や中小企業経営者なら、業者のネームバリューよりも困った時に頼りになる資金調達先を見つけておくべきです。いざという時に頼りになるかどうかは相談時の応対融資条件の提示からも推し量ることができます。
もちろん、まずはじめに正規登録の貸金業者であることを確認した上での話です。
ヤミ金にはくれぐれもご注意を!

【このカテゴリーの記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ