HOME » つなぎ資金調達方法ランキング » ビジネスローン(事業者ローン)

ビジネスローン(事業者ローン)

このカテゴリーでは、銀行でもノンバンクでも扱っているビジネスローンについて、メリットとデメリット、おすすめ業者などを紹介しています。

無担保・無保証人で事業資金に使えるビジネスローン(事業者ローン)

ビジネスローン

事業資金用途で無担保・無保証人の貸付として利用できるのがビジネスローン(事業者ローン)。

銀行だけでなくノンバンクでも取り扱っていて、金利などは金融機関による差が比較的少ないといえます。

ビジネスローンは、商工ローンの別名です。かつて商工ローンは取り立ての厳しさが社会問題化したこともありイメージが悪いことから、今はビジネスローンという表記の方が主流になっています。

一般的なビジネスローンは必要書類に直近の決算書2~3期分があるので、起業資金としての借入は難しいといわれています。

ビジネスローンには、カード型もあります。あらかじめ審査を通しておくのは同じですが、融資枠内なら提携ATMで手軽に借入ができます。融資限度額は一般的に低めに設定されているようです。

短期返済が前提でよりスピーディに少額融資を得たいなら、カード型が便利ですが、手軽な分、借り過ぎには十分注意してください。

ビジネスローンを利用する際のメリット・デメリット

ビジネスローンのメリットは、なんと言っても原則的に無担保・第三者保証不要で事業資金の融資を受けられることです。

今のご時世、誰もが第三者保証を請け負ってくれるとは限りませんし、担保が必要となるとリスクが大きくなる上、手続きのわずらしさもぐんと増します。

その点、ビジネスローンは比較的簡単な手続きでローンを組むことができる上、審査にもそれほど時間がかからないので、急ぎの融資にも対応できるところが大きなメリットとなっています。

また、ビジネスローン自体もメガバンクからノンバンクまで数々の業者が取り扱っているため、選択肢が豊富なところも利点のひとつに数えられるでしょう。一方、無担保・第三者保証不要ならではのデメリットとして、審査のハードルが高いことが挙げられます。

具体的には2期の決算実績がないと申込すらできなかったり、赤字決算だと審査にパスできなかったりと、決算状況だけを見て機械的に審査する傾向にあるようです。

また、法人の場合は代表者の連帯保証が必要な上、審査結果によっては担保を求められることもあるので、完全に無担保・第三者保証不要とも言い切れません。

返済状況や金利条件も厳しめに設定されていることが多いので、利用する際は注意が必要です。審査については事業計画書をきっちり作成すれば通る確率が高くなるので、ポイントを抑えて作成するようにしましょう。

また、銀行よりもノンバンクのほうが比較的審査が通りやすい傾向にあるので、審査に不安を感じたらノンバンクを検討してみましょう。

>>ビジネスローンを利用する際のメリット・デメリット

金利、審査スピードで比較!ビジネスローン業者ランキング

ノンバンクのビジネスローンはメインバンクに比べて審査が通りやすく、融資もスピーディなところが特徴です。

メインバンクで審査が通らなかった人や、融資を急いでいる人はノンバンクのビジネスローンを検討することをおすすめします。

ビジネスローンを取り扱っているノンバンクは複数ありますが、やはり重視したいポイントは金利と融資の素早さ。ノンバンクの中には即日審査に対応しているところもありますので、スピード重視の人に最適です。

金利は最大で年18%というところが主流ですが、年15%に設定されている企業もあるので自分の希望する融資額と照らし合わせて決めるとよいでしょう。

また、ノンバンクの他にビジネスローンに対応したクレジットカードを利用するという方法もあります。こちらは即日審査だけでなく、即日融資に対応しているカードもありますので、ノンバンクの条件と比較検討して選ぶようにしましょう。

こちらのページではビジネスローンの取扱業者をランキング形式でまとめていますので、ビジネスローンの利用を検討している方はぜひチェックしてみてください。

>>金利、審査スピードで比較!ビジネスローン業者ランキング

【このカテゴリーの記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ