HOME » つなぎ資金調達方法ランキング » ビジネスローン(事業者ローン) » ビジネスローンのメリットとデメリット

ビジネスローンのメリットとデメリット

このページでは、ビジネスローン(事業者ローン、商工ローン)の概要と必要書類、ローン審査を含めたビジネスローンのメリットとデメリットについて紹介します。

ビジネスローン(事業者ローン、商工ローン)の必要書類とローン審査

概要や必要書類、ローン審査を含めてビジネスローン(商工ローン)のメリットとデメリットについて紹介ビジネスローン(事業者ローン、商工ローン)とは、個人事業主や法人向けの事業資金融資で、原則的に無担保・第三者保証不要で借入ができるものです。
メガバンクからノンバンクまで幅広い業者が取り扱っていて、事業資金用途での融資としては比較的手軽に利用できるサービスです。
業者の規模などによって融資限度額や金利にも幅があり、それらは融資を申し込む側の状況によっても変動します。
メガバンクで低金利の融資を受けようと思えば、法人としての実績や信頼性も高くなくてはならないわけです。
審査に必要な書類は主に以下の通りです。

  • 個人事業主/本人確認書類、確定申告書2年分など
  • 法人/代表者の本人確認書類、決算書2期分、登記事項証明書など

この書類からもわかるように2期の決算実績がないと申し込めないケースがほとんどで、赤字決算だと審査に通らなかったりするなど、決算状況を機械的に審査する傾向があります。
また、無担保・第三者保証不要が原則ではありますが、法人の場合は代表者の連帯保証が必須で、審査結果によっては担保を求められることもあります。
手続きとしては簡易に見えますが、審査自体はそう安易なものではないわけです。

ビジネスローンを利用する際の注意点

無担保・第三者保証不要で審査にあまり時間がかからない点がビジネスローンのメリットといえますが、利用の際には注意すべきこともあります。
金融業者側からすれば、無担保・第三者保証不要でも回収できる見込みがあるから融資をするわけです。
それだけきちんと取立てをしますし、同じ業者でも他のプランよりも金利など返済条件を厳しめに設定していることが多々あります。
また、法人の場合、他業者からビジネスローンで借入していることをメインバンクに知られると、融資打ち切り貸しはがしに遭うリスクもあることは知っておいてください。

銀行よりも融資を受けやすいノンバンク

上記でも説明したように、金融業者側は、無担保・第三者保証不要でも回収できる見込みがあるから融資を行います。しかし、銀行の場合、回収できる見込みがなければ、貸し渋りが多く、また査定も通りにくくなっているのが現状です。さらに、大手の銀行などは、回収できる見込みがある企業以外には融資をしないといわれています。 そんな時は、比較的審査が簡単なノンバンクがおすすめです。ノンバンクは、過去に破綻を経験した人でも融資を受けやすくなっています。
しかし、融資を受けやすくなっているからといって「必ず」融資が受けられる訳ではなく、審査必要です。
ビジネスローンの融資審査に通りたいのなら、まずはコツを押さえて審査を通ることが重要になります。

ビジネスローンの融資を成功させたいならココを押さえるべき!

ビジネスローンの融資審査の際には、どのような項目をチェックしているのでしょうか。これを知っておけば審査に通る可能性が高くなります。
では、早速確認していきましょう。

ビジネスローンの融資審査のチェック項目

業歴/業歴は審査の中でも特に重視されます。「経営を開始してどのくらいなのか」その年数が長いほど安定している企業と判断されるからです。特に、銀行の場合は、「2年上の業歴がある企業」が事業性融資の条件として求められます。つまり、数字で確認できる業歴や実績がないと銀行のビジネスローンは通りにくいのです。
しかし、ノンバンクの場合は、1年以上の業歴でも融資してくれる場合もあります。もちろん、上限額や金利などは、しっかりと確認しないといけませんが、まずは自身の会社が業歴項目をクリアしているのかを確認して、融資可能なビジネスローンを絞り審査の準備をしましょう。

事業・資金計画/事業計画、資金計画を正しい方法で、分かりやすく作成します。この書類は、どんなに素晴らしい内容が記載してあっても、読みにくかったり、伝わりにくかったりしてはダメです。
日本政策金融公庫のHPに、事業計画や資金計画の記入例が掲載されているので、参考にしてみて下さい。また、参考資料は簡単にダウンロードすることもできます。

事業計画書作成時の注意点

  1. 会社理念や強みなどをしっかりとアピールする
  2. 略歴や事業内容について、市場やターゲット層なども含め詳しく分かりやすく説明する
  3. 仕入先、販売先などの、横のつながりを紹介する
  4. 数字を計算、記載する時は間違えない(資本計画書、返済計画書、利益計画書など)
  5. 「分かりやすく、簡潔に」を心がけて作成する。

 

保証人/信用保証協会を通じて、保証人を依頼しビジネスローンを検討すると、融資の場合、審査が通りやすくなります。

信用保証協会とは……

信用保証協会は、信用保証協会法(昭和28年8月10日法律第196号)に基づき、中小企業・小規模事業者の金融円滑化のために設立された公的機関です。
事業を営んでいる方が金融機関から事業資金を調達される際、信用保証協会は「信用保証」を通じて、資金調達をサポートします。47都道府県と4市(横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市)にあり、各地域に密着した業務を行っています。

引用元:般社団法人 全国信用保証連合会
http://www.zenshinhoren.or.jp/guarantee-system/

 

上記のポイントを押さえて、ビジネスローンの融資審査を通過する可能性を高めるように努めましょう。

【関連記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ