HOME » つなぎ資金調達方法ランキング » ビジネスローン(事業者ローン) » ビジネスローンのメリットとデメリット

ビジネスローンのメリットとデメリット

このページでは、ビジネスローン(事業者ローン、商工ローン)の概要と必要書類、ローン審査を含めたビジネスローンのメリットとデメリットについて紹介します。

ビジネスローン(事業者ローン、商工ローン)の必要書類とローン審査

概要や必要書類、ローン審査を含めてビジネスローン(商工ローン)のメリットとデメリットについて紹介ビジネスローン(事業者ローン、商工ローン)とは、個人事業主や法人向けの事業資金融資で、原則的に無担保・第三者保証不要で借入ができるものです。
メガバンクからノンバンクまで幅広い業者が取り扱っていて、事業資金用途での融資としては比較的手軽に利用できるサービスです。
業者の規模などによって融資限度額や金利にも幅があり、それらは融資を申し込む側の状況によっても変動します。
メガバンクで低金利の融資を受けようと思えば、法人としての実績や信頼性も高くなくてはならないわけです。
審査に必要な書類は主に以下の通りです。

  • 個人事業主/本人確認書類、確定申告書2年分など
  • 法人/代表者の本人確認書類、決算書2期分、登記事項証明書など

この書類からもわかるように2期の決算実績がないと申し込めないケースがほとんどで、赤字決算だと審査に通らなかったりするなど、決算状況を機械的に審査する傾向があります。
また、無担保・第三者保証不要が原則ではありますが、法人の場合は代表者の連帯保証が必須で、審査結果によっては担保を求められることもあります。
手続きとしては簡易に見えますが、審査自体はそう安易なものではないわけです。

ビジネスローンを利用する際の注意点

無担保・第三者保証不要で審査にあまり時間がかからない点がビジネスローンのメリットといえますが、利用の際には注意すべきこともあります。
金融業者側からすれば、無担保・第三者保証不要でも回収できる見込みがあるから融資をするわけです。
それだけきちんと取立てをしますし、同じ業者でも他のプランよりも金利など返済条件を厳しめに設定していることが多々あります。
また、法人の場合、他業者からビジネスローンで借入していることをメインバンクに知られると、融資打ち切り貸しはがしに遭うリスクもあることは知っておいてください。

【関連記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ