HOME » つなぎ資金調達方法ランキング » 証書貸付

証書貸付

このカテゴリーでは、長期返済で利用される証書貸付についてメリットとデメリットなどを紹介しています。

金銭消費貸借契約証書を差し入れて融資を受ける証書貸付とは

融資条件などが書かれた金銭消費貸借契約証書、いわゆる借用証書を差し入れて融資を受けるのが証書貸付。
一般的には、設備資金や長期の運転資金に利用されるケースが多いようです。
その主なメリットは以下の通りです。

証書貸付のメリット

  • 担保が不要
  • 返済方法の変動など融資条件をある程度相談できる
  • 万が一滞納した場合も銀行取引停止にはならない

証書貸付の利用シーンや手形貸付との違い

証書貸付を、ビジネスローンの商品ラインナップとして打ち出している業者もあります。
この場合、無担保で融資をする事業用途のローンという括りの中で、カード型ビジネスローン証書貸付型ビジネスローンという分け方をしているわけです。
カード型の方が融資までにかかる時間は短いものの、金利は高くなるのが特徴です。半年から1年以上は返済期間を充てる想定なら、証書貸付の方が無難でしょう。
また、手形貸付との比較で証書貸付のデメリットを挙げると、比較的審査が厳しい点や、借用証書に貼付する収入印紙代がけっこうかかる点などがあります。

【関連記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ