HOME » つなぎ資金調達方法ランキング » 手形割引 » 手形割引のメリットとデメリット

手形割引のメリットとデメリット

このページでは、現金化の仕組みや必要書類、ローン審査を含めて手形割引にはどんなメリットとデメリットがあるかを紹介します。

手形割引とは?その必要書類やローン審査など

現金化の仕組みや必要書類、ローン審査を含めて手形割引とはどんなメリットとデメリットがあるかを紹介手形割引とは自社で手形を振り出すわけではなく、得意先から受け取った手形を満期日以前に金融機関で現金化してもらう仕組み。
これによって利息分を引かれるものの、早期現金化によって資金繰りを改善できるというわけです。
必要書類の一例としては以下をご覧ください。

  • 個人事業主/本人確認書類、確定申告書2年分、取引先通帳写し、当座照合表など
  • 法人/代表者の本人確認書類、決算書2期分、商業謄本、取引先通帳写し、当座照合表など
  • 担保/得意先の手形

なお、手形割引の審査は、銀行では手形を振り出した企業よりも持ち込んだ企業の信頼性を重視する傾向があり、ノンバンクの場合は手形自体の信頼性を重視する傾向があります。

手形割引を利用する際のポイント

ノンバンクの手形割引では即日融資に対応してくれるケースもあり、取引先からの支払いに手形を利用することが多い中小企業にとっては、大いに役立つサービスです。
一方で、手形を振り出した企業と持ち込む企業が異なるため、業者側では手形の信頼度をチェックするのに、それぞれ独自の審査方法を採用しています。
手形を持ち込むのが赤字決算企業でも手形割引に応じてくれることもありますが、手形自体の信頼性は具体的に相談してみないとわからないので、スピード審査の業者であっても、できるだけ早く問い合わせすることをおすすめします。

【関連記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ