HOME » つなぎ資金調達方法ランキング » ファクタリング

ファクタリング

このカテゴリーでは売掛債権を現金化するためのファクタリングについてメリットとデメリットなどを紹介しています。

売掛債権を現金化できるファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛債権を譲渡することによって資金調達する方法。
商品やサービスの納品、あるいは工事の完了をしたからといって、発注企業からすぐに代金が支払われるわけではありません。
請求書を出して実際に入金されるまでには30日や90日など、一定の時間がかかるのが一般的。
この期間、受注企業は発注企業に対して売掛債権がある状態となります。
ファクタリング業者は、利息などを引いた金額で売掛債権を買い取って、発注企業から代金を回収し、その差額を収益とするビジネスモデルです。
ファクタリングのメリットとしては主に以下の点が挙げられます。

ファクタリングのメリット

  • 資金調達は譲渡債権の範囲内なので無理がない
  • 売掛債権の回収にかかる手間やコストを削減できる
  • 手形受領だと必要な収入印紙代が節約できる
  • 不渡リスク(貸倒リスク)をファクタリング業者に転嫁できる

ファクタリングの利用シーンや手形割引との違い

ファクタリングを利用するのにもっとも適した状況は、得意先からの支払いサイトが長いケース。
仕事を発注してくれる得意先は大切な存在ではありますが、支払いサイトが90日や120日など長い場合、受注企業としては仕事があるのに資金繰りが厳しくなり、ヘタをすれば黒字倒産にもなりかねません。
手形割引との違いは、不渡リスクをファクタリング業者に転嫁できる点です。
ただし、ファクタリングを利用するには、債務者である発注企業にも同意してもらう必要があるので、信頼関係が確立できていないと利用しづらいという問題があります。

【関連記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ