HOME » つなぎ資金調達方法ランキング » 当座貸越

当座貸越

当座貸越を徹底解説!

このカテゴリーでは、低金利で資金調達が可能な当座貸越について、メリットとデメリット、どんな企業におすすめできるかについて紹介しています。

当座貸越とは

当座貸越とは、定期預金を担保にして、定期預金の金額かそれ以下を限度額に事業融資を受ける方法です。主に銀行を相手に行われます。事業融資を行っている金融機関と比べると、金利が低いことが特徴です。

当座貸越のメリット

資金調達がしやすい

当座貸越をすでにしている状態での話となりますが、顧客とのトラブルで急にお金が必要になった・運転資金が足りないので早急にお金が必要。などの資金をすぐに用意しなければいけない状態のときに、当座貸越を利用すればすぐに資金を調達できます。

金利が低い

当座貸越を利用する一番のメリットは、返済の負担が少ないことです。短期間で返済することができれば利息も少ない額に抑えることができます。金利が1年で数十円~数百円と低いので、どんどん利子が増えるということはないでしょう。万が一返済が長引いたとしても、ほかの金融機関で借りるよりも大きな負担にはなりません。

当座貸越の金利が低いのは、定期預金を担保に融資しているからです。定期預金にあるだけの金額が信用量となるので、金利を低く設定しているということになります。

ただ、あまりにも長い期間借りすぎていると「ちりも積もれば山となる」と言うように、無視できない金利になる可能性もあるので注意が必要です。

当座貸越のデメリット

預金利息に比べて高金利

当座貸越のデメリットは、預金の利息と比べると高金利であるということです。当然ですが、預金を崩して支払いに充てる方が利子分の負担がなくなるので、安く済みます。

また低金利で定期預金が担保となっていると、お金を借りているという自覚が薄れてきてしまうことも当座貸越の難点です。気がついたら利子がかさんでいるという状態に気をつけましょう。

どんな企業に当座貸越が向いているか

当座貸越は、銀行が相手となることもあり、比較的審査が厳しい資金調達です。そのため、ある程度の資本力、返済能力があり、信頼度の高い事業を行えていることが必要になります。

個人事業主や中小企業の経営者というよりは、大きな資本力のある企業の方が当座貸越による資金調達が向いていると言えるでしょう。

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら
今すぐにつなぎ資金が必要ならこちら
安心業者ランキング
  • 即日融資が必要なら、手形貸付ランキング
  • 決算赤字が多いなら、手形割引ランキング
  • 300万円以上必要なら、不動産担保貸付ランキング
  • 決算赤字が無いなら、ビジネスローンランキング

ページの先頭へ