HOME » つなぎ資金調達方法ランキング » 不動産担保貸付

不動産担保貸付

このカテゴリーでは、様々な金融業者で取り扱っている不動産担保貸付についてメリットとデメリット、おすすめ業者などを紹介しています。

メリットとデメリットから理解する不動産担保貸付とは

不動産担保貸付は銀行もノンバンクも幅広く扱っている融資サービス。
不動産という資産価値の高い担保があるため、審査に通りやすいわけです。
詳細ページでの説明に先立って、まずはそのメリットとデメリットを簡単に紹介しておきましょう。

不動産担保貸付のメリット

  • 物件の資産価値によっては数千万円の融資も可能
  • 高額融資になるので長期返済で安定した事業計画が立てやすい
  • 融資する側にとってリスクが低いため低金利になる
  • 不動産の抵当権が担保になるので連帯保証がいらない
  • 担保価値の範囲内なら臨機応変に融資を受けられる

不動産担保貸付のデメリット

  • 不動産登記の諸費用や手数料などがかかる
  • 不動産登記簿に借入情報が記載されてしまう
  • 手続きに時間がかかる
  • 返済できないと不動産を失う

不動産担保貸付の利用シーンとは

中小企業の社長が自宅を担保にして事業資金を借りる──。
こんな表現をすると切羽詰まったイメージがするでしょう。
しかし、金利が高めで短期返済の融資を複数業者から借りることを考えれば、むしろ無理が少ないともいえます。
開業時のまとまった資金や設備資金の調達で、ある程度高額な融資を受けたい場合、担保価値のある不動産を持っているなら、低金利・長期返済で計画的に資金調達する手段として不動産担保貸付を利用するのもいいでしょう。

【このカテゴリーの記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら

ページの先頭へ