HOME » つなぎ資金調達方法ランキング

つなぎ資金調達方法ランキング

このカテゴリーでは、事業運営に必要なつなぎ資金の借入方法である手形貸付不動産担保ローンビジネスローンについて、メリットとデメリット、利用シーンなどを解説します。また、融資とは異なる事業資金の調達方法として知っておきたい手形割引なども解説します。
さらに、それぞれの貸付方法について、おすすめの業者をランキング形式でご紹介します。

つなぎ資金調達とは?

つなぎ資金調達とは

つなぎ資金調達とは、長期的でなく一時的な資金を調達すること

会社は自社の商品やサービスを売って、利益を得ています。商品やサービスを提供するには、原料や必要な施設費用、従業員の給与などが必要です。

しかし、得意先からの入金遅れの場合や売掛金が回収不能になった場合など、何かしらのアクシデントで手元の資金が不足することもあるもの。そのため、営業をストップさせないように短期間だけお金を調達し、運転資金を確保する必要があるのです。その時に資金を調達することをつなぎ資金調達と言います。

主流なつなぎ資金調達法

主流なつなぎ資金調達法は以下の通りです。

  • 手形貸付
  • 手形割引
  • ビジネスローン
  • 不動産担保貸付
  • 証書貸付
  • ファクタリング

つなぎ資金を調達するメリット・デメリット

ここでは、つなぎ資金調達のメリットとデメリットを紹介します。

メリット ●事業の立て直しができる
融資までのスピードが速い、つなぎ資金調達法を利用すれば、すぐにお金が受け取れるため、返済を滞りなく終えることができます。
その後、銀行からの借り入れと組み合わせて運転資金を確保し、「利益をあげること」に専念。資金繰りの悪化を最小限に抑え、会社の経営状況を改善することで、会社の立て直しをはかれます。
実際につなぎ資金と金融機関からの融資を併用することで、倒産ギリギリの状態から事業を成功させた経営者も多いようです。
●金融機関との関係が改善
つなぎ資金を調達し、資金繰りが改善されると、銀行の評価を改善することができます。
銀行の融資が通らない方は、まず、その他のつなぎ融資で調達し、資金繰りの改善に努めると良いでしょう。銀行などの金融機関は所得や負債の割合、支払の滞りなど、企業を細かく審査。もし、あなたの企業の資金繰りが改善され、支払いの滞りが減れば、銀行からの評価も高まります。
デメリット ●利子や手数料がかかる
つなぎ資金の調達の仕方にもよりますが、場合によっては利子や手数料がかかります。その分、コストが増えるため、計画的につなぎ資金を調達する必要があるでしょう。

つなぎ資金に便利な融資方法とは

事業資金の融資を検討する場合、その用途や自社を取り巻く状況によって、金額や返済期間が変わってきます。経営者なら、いろいろな資金調達方法をしっかり理解して、適切な方法を選択できるようにしておく必要があります。
事業資金向けの金融サービスにはそれぞれ性質の違いがあるので、自社の目的にはどの貸付方法が最適かを見極めて、それに対応してくれる業者に相談する必要があるわけです。
細かい条件によっても異なりますが、だいたい以下のように考えておけばよいでしょう。

  • 急な現金が必要      → 審査が甘く、即日融資も可能な手形貸付
  • 決算赤字が多い      → 手形振出し企業の信用で資金調達が可能な手形割引
  • 300万円以上の融資が必要 → 高額融資も可能な不動産担保貸付
  • 決算赤字が無い      → 無担保・無保証のビジネスローン

詳細ページでは、各種の融資サービスの特徴などをわかりやすくまとめてみましたので、経理的な知識に自信がない方は、ぜひ参考にしてください。

また、それぞれのサービスでおすすめできる専門業者もピックアップして紹介しています。
業者によって対応の積極性やスピードが異なるので、資金繰りに不安があるなら、窮地に追い込まれる前に問い合わせてみるのもいいでしょう。
民間金融業者でも、全国規模の大手企業にもなるとやや画一的な対応をされることもあります。
個人事業主や中小企業経営者なら、業者のネームバリューよりも困った時に頼りになる資金調達先を見つけておくべきです。いざという時に頼りになるかどうかは相談時の応対融資条件の提示からも推し量ることができます。
もちろん、まずはじめに正規登録の貸金業者であることを確認した上での話です。
ヤミ金にはくれぐれもご注意を!

調達方法 メリット デメリット 特徴 どんな企業向きか
手形貸付 比較的簡単に融資が受けられることです。また、期日がきたら同額で借り換えることもできるので、万が一の場合でも対応できます。 短期返済しなければいけないため、資金繰りが悪化すると返済期間までの余裕がないことです。 銀行の手形貸付の返済は、半年から1年以内。ノンバンクの場合はもっと長い返済期間を設定していることもありますが、一般的には短期資金に利用されます。 ビジネスはある程度回っているけれど、取引先からの入金タイミングが遅れているという企業です。
手形割引 即日融資に対応してくれる場合もあること。取引先の支払いに手形を利用することが多い中小企業にとって助かるサービスです。 手形を振り出した企業と持ち込む企業が異なるために、独自の審査方法を用いて、業者側で手形の信頼度をチェックする必要があることです。 得意先から受け取った手形を満期日以前に金融機関で現金化する手形割引。銀行では手形を振り出した企業より持ち込んだ企業の信頼性を重視する傾向があるようです。 手元に比較的安全な手形がある企業。手元にある手形を現金化することで、資金繰りを安定させることができます。
ビジネスローン 無担保・第三者保証不要であること。特にノンバンク系のビジネスローンは、銀行と異なり、貸し渋りが少なく、査定も通りやすい傾向があります。また、審査にあまり時間がかかりません。 必ず融資が受けられるわけではないということ。比較的、融資を受けやすいビジネスローンですが、審査を通らなければ融資は受けられません。 メガバンクやノンバンクと幅広い業者が取り扱っているサービス。事業資金用途の融資にしては比較的手軽に利用できるといった特徴があります。 不動産や手形、売掛金を多く持っていないところ。ビジネスローンであれば、不動産担保や手形割引、ファクタリングなどをしなくても資金を融通してもらえます。
不動産担保貸付 担保物件にもよりますが比較的高額の融資を受けることができるということ。返済期間の設定も長めにできることが多いので利用しやすいと言えます。 用意する書類が多く、抵当権設定などの手続きをしなければならず、すぐに融資を受けることができないことです。 所有している不動産を担保に融資を受ける方法。不動産関連企業や収益物件のオーナーであれば、商材を担保にすることもできます。 価値のある物件を持っている企業に向いている不動産担保貸付。無担保ローンと比べて審査が通りやすく、多額の資金を借りられるので、資金繰りを改善しやすくなります。
証書貸付 1年以上の長期返済期間を設定した融資を受けられること。また、返済額や返済期間が決まっているので返済計画が立てやすいという特徴があります。 手形貸付と比較すると、比較的審査を通るのが難しいこと。また、借用証書に貼る収入印紙代が結構かかるのも難点です。 証貸「しょうがし」とも呼ばれる証書貸付。借入金額や受け取る人の住所・指名、返済回数や返済額などが記載されている契約書です。 決まった返済額や返済期間である方が返済しやすい企業に向いている証書貸付。借用証書に返済内容が明記されているため、計画的に返済できます。
ファクタリング 売掛債権の回収にかかる手間やコストを削減できること。また、貸倒リスクをファクタリング業者に転嫁することができるので、安心して営業に専念できます。 利用する際に債務者である発注企業にも同意してもらう必要があること。信頼関係がないと同意してもらえない場合もあります。 ファクタリングは売掛債権を譲渡することで資金を調達する方法。ファクタリング業者に利息などを引いた金額で売掛債権を買い取ってもらうことで、資金繰りを改善することができます。 得意先からの支払い期間が長い企業にファクタリングは向いています。支払期間が長い場合、資金繰りが厳しくなりやすく、場合によっては黒字倒産しかねません。ファクタリングを利用すれば、そのような最悪の事態を回避できます。
当座貸越 当座貸越を利用するメリットは、返済の負担が少ないことです。金利が低いので返済が長引いても、ほかの金融機関よりは大きな負担になりません。定期預金を担保にし、そこにあるだけの金額が信用量となるので、金利を低く設定できているのです。 当座貸越のデメリットは、預金の利息と比べると高金利であるということです。当然預金を崩した方が利子分の負担がなくなるので安くなります。またお金を借りている自覚が薄れてきてしまうことも難点です。 当座貸越とは、定期預金を担保にして、定期預金の金額かそれ以下を限度額に事業融資を受ける方法です。主に銀行を相手に行われます。事業融資を行っている金融機関と比べると、金利が低いことが特徴です。 当座貸越は、銀行が相手となることもあり、比較的審査が厳しい資金調達です。そのため、ある程度の返済能力があることが必要になります。個人事業主や中小企業の経営者などよりは、大きな資本力のある企業の方が当座貸越には向いています。

つなぎ資金には個人向け・事業者向けの2種類がある

つなぎ資金は、名前の通り一時的に資金をつなぐために用いられるもので、一定期間・一時的な借入金のことを差すのですが、このつなぎ資金には個人向け・事業者向けの2種類があります。「つなぎ資金」と言ったときには、どちらかと言えば個人向けのものを意味することのほうが多いでしょう。

個人向けのつなぎ資金は、例えば住宅ローンが用いられない時に役立ちます。通常、住宅ローンはすでに完成している建物に対して行われる融資ですが、建物がまだ無い場合は住宅ローンが利用できません。こうした時につなぎ資金があれば、当座の資金を用意することができ、つなぎ資金の返済には建物が完成した後に振り込まれる住宅ローンを原資とする形になります。一方、事業者向けのつなぎ資金は、後から回収することになる売掛金などを原資として融資が行われます。

つなぎ資金が必要となるケース

つなぎ資金が必要になるケースとしては、売上を現金ではなく売掛金で回収しているケースです。この場合は売掛金の回収は即時ではできず、数カ月先になることがほとんどです。当然、それまでの間は資金が得られないので、何らかのトラブルや人件費の増加などで運転資金が足りなくなってしまった時には、緊急に当座の資金を準備しなくてはいけません。こうした時に便利なのがつなぎ資金なのです。業種別で見てみると、つなぎ資金が必要になりやすいのは建設業や不動産業が多くなっています。

建設業においては、売上金が入金されるのは工事が完了してからになります。そのため、工事中に資金の不足が起きると人員や装備を整えられなくなってしまいます。不動産業では、土地の買収から売却までをワンストップで行っているような業態だと、不動産が売却できるまで売上金が入金されないので、同じような問題が発生することがあります。

つなぎ資金の融資ポイント

つなぎ資金には様々な融資ポイントがあります。ここでは、代表的な融資ポイントを5つピックアップして解説していきます。

1、つなぎ資金が必要な理由を明確にする

つなぎ資金もやはり運転資金の一部ということになります。そのため、それが必要になった原因は必ずあるのです。運転資金が不足する理由は、例えば、減少運転資金、季節運転資金、増加運転資金などたくさんあります。つなぎ資金自体、運転資金が不足している状態で、次の融資を受けられるようになるまでのつなぎを目的としているので、その原因や理由は明確にできるはずなのです。つなぎ資金が必要になったら、まずはどうして必要になったかを明確化してみましょう。

2、いくら必要なのかを明確化しよう

つなぎ資金がなぜ必要なのかを明確化したら、今度はいくら必要なのかを明確化しておくことが大切です。なぜなら、金額が不正確な場合は融資を受けられないことがあるからです。つなぎ資金は基本的に原資が明確で、返済も一括となっています。そのため、金額が明確化されていないと融資は不要だと判断されてしまうのです。運転資金が不足している場合は、在高方式や回転期間方式を用いてその金額を明確化しましょう。

3、必要書類を準備しよう!

必要な金額について、融資を受ける金融機関にわかりやすく説明するためには、様々な書類が必要です。代表的な必要書類は、売掛金や買掛金、棚卸資産を把握するための試算表、つなぎ資金が工事代金の場合は原価計算の書類などがあります。事業計画書レベルの書類までは必要ないので、必要書類は事前にしっかり準備しておきましょう。

4、返済の根拠を明らかにしよう

つなぎ資金は短期的な借り入れであり、利息の負担は長期的な借入の場合に比べて大幅に少なくなります。しかし、返済は一括で行なうことが多いので、返済の根拠が明確でなければ融資を受けるのは難しいでしょう。返済の根拠を明確にするためには、つなぎ資金を確実に返済できるという根拠を金融機関に対して証明しなくてはいけません。具体的には、事業を行っている相手との契約書の提示が必要です。ここをクリアできれば、つなぎ資金の融資は十分受けられるでしょう。

5、審査で重要なポイントを理解しよう

融資を受けるためには、金融機関側が重視しているポイントを知ることも大切です。金融機関は、「融資対象の企業は安全か」「取引先が安全かどうか」「事業の収益性があるかどうか」の3つを重視しています。これら3つのポイントは、すべて「融資しても安全か、大きなリスクはないか」ということをチェックするためのポイントです。つなぎ資金の場合は、融資を申し込んだ企業だけでなく、その取引先まで入念にチェックされます。

所感

つなぎ資金の調達法と一言にいっても、そのメリットやデメリット、向いている企業は様々です。

状況によっては異なりますが、なかでもおすすめしたいのは手形貸付や手形割引。流動資産である手形を担保に借り入れしたり、満期日になる前の手形を現金化したりするだけなので、他の資産に大きな影響を与えることなく資金を手に入れることができます。

ビジネスローンで資金を調達した場合は利子による資金繰りの悪化、不動産担保貸付の場合は返済できないことによる不動産所有権の移転、証書貸付の場合は利子による資金繰りの悪化、ファクタリングは取引先の企業の信頼低下を招くリスクがあります。

一方、手形貸付や手形割引であれば、資金のやりとりが手形で完結しているため、大きなリスクを抱える必要がありません。

他のつなぎ資金の調達法を試すことも場合によっては大切ですが、まずは手形貸付や手形割引でつなぎ資金を調達しましょう。

このサイトでも手形貸付や手形割引のおすすめ業者ランキングを紹介しています。会社の健全な資金繰りにご活用ください。

【このカテゴリーの記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら
安心業者ランキング
  • 即日融資が必要なら、手形貸付ランキング
  • 決算赤字が多いなら、手形割引ランキング
  • 300万円以上必要なら、不動産担保貸付ランキング
  • 決算赤字が無いなら、ビジネスローンランキング

ページの先頭へ