HOME » つなぎ資金調達方法ランキング » 手形貸付を徹底解説!

手形貸付を徹底解説!

このカテゴリーでは、短時間での資金調達が可能な手形貸付について、メリットとデメリット、おすすめ業者などを紹介しています。

手形貸付とは

手形貸付とは、貸付用の手形を銀行などの金融機関へ差し入れることで融資を受ける方法です。借入期間は短く、1年以内となっています。ただし、受取人の了承があれば1年を超える期間の設定も可能です。ですが、手形貸付は一般的には1年以上の長期にわたる融資は、貸付証書で行うのが一般的となります。そもそも「手形」とは、「いつ、どのくらいの額のお金を支払うか」を約束する書面を意味するもので、銀行に当座預金の口座を開設することで利用できるようになります。

手形貸付の目的は、主に事業の短期資金です。いずれお金になることが決まっている経常運転資金として、手形貸付の形で短期の融資を受けたり、商品を仕入れてから販売するまでの期間を補うために利用したりします。

運転資金のつなぎ融資に最適な手形貸付

自社の手形を振り出し、それを担保として融資を受けるのが手形貸付です。自社振り出しなので手続きが簡単なのが特長です。
詳細ページでの説明の前に、事業資金調達方法としてのメリットを簡単に説明しておきましょう。

手形貸付のメリット

  • 比較的融資審査が甘い業者もある
  • 審査や入金までの時間が短い傾向がある
  • 印紙代を節約できる
  • 一括返済中途返済も可能
  • きちんと返済すれば繰り返しの融資も可能

このようにスピード融資が期待できる手形貸付は、短期返済を前提として、運転資金のつなぎ融資に最適な資金調達方法といえます。

手形貸付の利用シーンとは

例えば、中小の建設業者の場合、工事の受注は決まっていても入金までにはそれなりに時間がかかるもの。
その間、資材や機材、外注費などの支払いに迫られることはたびたびあることでしょう。
このように売上が見えている状況でも運転資金に余裕がない場合は、資金ショートを避ける目的で、手形貸付を利用するわけです。
目の前の受注をスムーズに回したい時に、手形貸付はとても頼りになる資金調達方法で、仕事はあるのに倒産してしまうような事態を避けるのには、とても役立つ方法です。

手形貸付の返済方法

手形貸付の返済方法は、一括返済と分割返済のふたつの方法があります。一括返済は、融資を実行したときにすべての利息が差し引かれる返済方法です。対して分割返済は、あらかじめ決められた毎月の返済日に1ヶ月分の利息を支払う返済方法となります。

どちらの返済方法を選ぶのが適切かは、資金計画や資金の用途によって異なります。手元にある資金に余裕がある場合には一括で返済したほうがいいですし、事業のために手元に現金を残しておきたい場合は分割返済で少しずつ返済するのが適しているでしょう。

手形貸付の返済期間は、基本的には1年間なので、金利も低くなっています。しかし、分割返済による返済負担が増えることには注意が必要です。

手形貸付の審査基準

手形貸付の審査基準として重要なのは、企業の財務状況です。手形貸付の返済期間は基本的に1年間という短い時間なので、金融機関はその短い期間での返済能力があるかどうかを調べます。反面、長期融資の審査のように、将来の事業計画についてはそれほど重視されていません。

そのため、手形貸付の審査に受かりやすくするためには、業績が安定している時期に審査を申し込むといいでしょう。また、資金の用途は明確に伝えること、用途は審査担当者が納得しやすいものにすることも大切です。

また、手形貸付の審査に受かるためには、信用性が重要となります。そのため、審査を申し込んだ金融機関が初めて利用するところだった場合は審査に受かりにくいです。申し込みたい金融機関が見つかったら、そことは良好な関係を築いておくことも重要となります。

手形貸付と手形割引の違い

手形貸付と手形割引は、語感も似ていますので混同してしまう人も多いでしょう。ここでは、手形貸付と手形割引の違いを、それぞれのメリット・デメリットの観点から見ていきましょう

手形貸付のメリット

手形貸付の代表的なメリットは、なんと言っても融資開始までのスピードが早いことです。これは、債務者にはある程度のレベルの信用力が求められるので金融機関側のリスクが少ないためです。また、金融機関によっては返済方法が選択できるので、無理のない返済プランを組み立てやすいというのもあります。

また、繰り返し融資が必要な場合は、根抵当権を設定することで担保を決定しておけば、その都度新たに担保を設定する必要がなくなるので便利です。

手形貸付のデメリット

手形貸付には、返済のスパンが短いというデメリットがあります。そのスパンは半年~1年となっているので、長期的な融資には向きません。また、万が一返済が遅れてしまうと金融機関からの信用度が大幅に低下してしまいます。

手形割引のメリット

手形割引では、手形の額面から利息・手数料などを差し引いた額面を受け取ることができます。しかも、手形の現金化までの時間が早く、業者に依頼した場合なら最短で即日現金化も可能です。なるべく早くまとまったお金を手に入れたい人には適した方法であると言えるでしょう。

また、手形を振り出した相手との交渉においても有利な状況に立てるというのも大きなメリットです。

手形割引のデメリット

手形割引には、手形を振り出した相手との信用状態が悪い場合、手形の現金化ができないことがあります。また、手形には現金化できる期日が設定されているので、受け取ったらなるべく早く現金化しなくてはいけません。期日までに現金化できなかった場合、振出人に対して直接請求する必要があります。

手形貸付の利息について

手形貸付の利息はどれくらい?

手形貸付の利息は、利用する金融機関や融資希望者の財務内容によって異なりますが、平均して1%~4%ほどとなっています。なかには利息が高い業者もあるので、事前に実質年率をチェックしてから利用するようにしましょう。

手形貸付の利息の計算方法

手形貸付の利息はどのようにして算出されるのでしょうか。手形割引には利息制限法は適用されませんが、手形貸付には利息制限法が影響します。なお、利息制限法においては、従来は出資法による上限金利は29.2%、利息制限法による上限金利は金額に応じて20%~15%となっていましたが、現在では出資法の上限金利は20%に引き下げられています。実際に利息がいくらくらいになるか調べるには、中部証券金融株式会社の公式サイトの利息計算シミュレーションを利用するといいでしょう。

手形貸付の限度枠

手形貸付の場合でも、手形割引と同じように利用限度枠を設定することが可能です。しかし、手形貸付の際に限度額上限まで融資を受けるのは、信用貸しになるということもあって交渉のハードルはどうしても高くなってしまいます。そのため、多額の融資が必要な場合は不動産担保などを用意しておくのが有効でしょう。

また、多額の融資が必要な場合は、手形を利用する前の段階で資金繰りを見直してみるのも有効です。審査が早いビジネスローンであれば早い段階で運転資金が確保できますし、個人事業主や経営者であれば顧客満足度の高いローンを利用するのがおすすめです。

手形貸付の審査に通るための3つのコツ

審査に通りやすくするためには、まず、銀行にとってリスクの少ない方法で融資を受けることが大切です。資金回収が難しくても、「保証付き融資」を利用していたり、手形を担保にしていたりすれば銀行にとってのリスクを低減できます。

また、保証付き融資を利用するのも有効です。これなら信用保証協会が間に立っているので、銀行は貸し倒れのリスクから開放されます。さらに、基本的なポイントとして取引を重ねて信用度を高めることも大切です。信用度が高まれば、審査に通りやすくなるだけでなく、よりよい条件での貸付が可能になるのです。

手形貸付以外の短期での資金調達法

手形貸付は借入期間が短いため、すぐにでも融資を受けたい場合には非常に便利な仕組みですが、その代わり、一定の信用力が必要となります。参考までに、手形貸付の他に短期間で融資が受けられる方法をまとめました。

ビジネスローン

短期資金をスピーディに手に入れるための手段としてはもっともポピュラーな方法です。ビジネスローンは、さらに商工ローンから融資を受ける方法とビジネスカードローンで融資枠を設ける方法に分けられます。

ビジネスローンの大きなメリットは、なんといっても赤字の会社でも利用可能である点でしょう。反面、ビジネスローンには総じて金利が高いというデメリットがあることを忘れてはいけません。高金利での融資になるので、長期化を避けるようにしましょう。

売掛金のファクタリング

ファクタリングとは、売掛金や診療報酬といった回収見込みの高い債権を業者に買い取ってもらう方法です。売掛金は現金化するまでに時間がかかるので、早い段階でまとまった現金を手に入れるためにこの方法を使います。

ファクタリングには3~20%の手数料が必要なので、売掛金の額面いっぱいの金額が手に入るわけではないことに注意しましょう。また、ファクタリングはあくまで売掛金を売却しているので、借入とはみなされません。そのため、財務体質が悪化することがないので安心です。

データレンディング

データレンディングとは、データを元にした貸付のことです。クラウド会計ソフトのデータを特定の金融機関と共有することで、資金が必要になった際に決算書などを用意することなく、すぐに融資ができるというメリットがあります。

クラウド会計ソフトは、これまで手作業でやっていた仕分け作業を半自動化できる便利なシステムです。銀行やクレジットカードの取引明細をネットから自動的に取り込み、帳簿に反映してくれますので、融資以外にも大きなメリットがあります。

トランザクションレンディング

トランザクションレンディングは、データレンディングと同じような融資サービスで、クレジットカード決済やネットショッピングのカートから得られた売上を担保として融資を受けるシステムです。

トランザクションレンディングを行っている企業としては、楽天市場の楽天やMakeShopを運営しているGMOなどが挙げられます。また、住信SBIネット銀行は「dayta(デイタ)」というトランザクションレンディングを運営しており、過去の利用実績に基づく与信判断を行っています。

【このカテゴリーの記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら
安心業者ランキング
  • 即日融資が必要なら、手形貸付ランキング
  • 決算赤字が多いなら、手形割引ランキング
  • 300万円以上必要なら、不動産担保貸付ランキング
  • 決算赤字が無いなら、ビジネスローンランキング

ページの先頭へ