HOME » つなぎ資金調達方法ランキング » 手形割引を徹底解説!

手形割引を徹底解説!

このカテゴリーでは期日より早く現金化できる手形割引についてメリットとデメリット、おすすめ業者などを紹介しています。

手形割引という資金調達方法とは

手形割引とは、金融機関や手形割引専門業者に期日前の手形を買い取ってもらうことを言います。本来、手形とは記載された期日にならないと換金できませんが、どうしても期日前に手形を監禁しなければいけない時には、この手形割引を行なうことで現金化できるのです。

手形を買い取ってもらう際には各種手数料や利息を支払うことになるので、受け取る金額は実際の金額よりも割引かれたものとなります。このため、この手続は手形割引という名前なのです。なお、この手続は「手形を担保に現金を貸す」という形なので、手形割引は融資とみなされます。

詳細ページでの解説の前に、手形割引のメリットを簡単に紹介しておきましょう。

手形割引のメリット

  • 専門業者なら即日融資などスピード対応が可能
  • 手形を振り出した企業の信頼性が高ければ審査に通りやすい
  • 手形が担保になるので手続きが簡単

このように、手形割引は将来入ってくる現金を前倒しで資金調達する方法です。
利息は発生しますが、短期のつなぎ資金としてよく使われる手段です。

手形割引の利用シーンや手形貸付との違い

メーカーや各種下請け業者など、得意先からの支払いが手形で、納品や業務完了から現金が手に入るまでに時間がかかるケースは多々あります。
手形は手元にあっても現金でなければ日常的な運転資金に利用できないので、いち早く手形を現金化するために手形割引を利用するわけです。
手形貸付との違いは、担保にする手形が自社振り出しか他社振り出しかという点。
手形を振り出した企業の信頼性が低い場合、手形割引だと審査に落ちることもあるので、その場合は、自社で手形を振り出して手形貸付を利用する方法を検討するとよいでしょう。

手形の種類

そもそも、手形にはどのような種類があるのでしょうか。ここでは、各種の手形の種類を紹介していきます。

約束手形

約束手形は、振出人(発行者)と名宛人(受取人)との二者間でやり取りされる手形です。振出人は、手形に記載されている期日に額面にある金額を支払わなくてはいけません。

為替手形

為替手形は、振出人が名宛人に対する支払いを引受人に委託することができる手形です。振出人と受取人に加えて、第三者である引受人がいるのが特徴となります。この場合、引受人が名宛人です。また、振出人には支払い義務は生じず、支払いは引受人から受取人に対して行われます。

小切手

小切手は、振出人が受取人への支払いを金融機関に委託する形の手形です。この場合、金融機関は支払人となるので、振出人は、支払人となる金融機関に当座預金口座を開設しておく必要があります。約束手形とは異なり、支払期日が設定されていないことが特徴です。受取人は、小切手を受け取ればいつでも満額の金額を受け取ることができます。

手形割引の審査

手形割引を依頼すると、銀行や手形割引業者によって審査が行われます。この審査の目的は、割引の可否の決定と割引率の決定を行なうことです。手形割引でチェックされるポイントは、振出人の信用力、裏書人の信用力、割引依頼人の信用力の3点です。

この中でもっとも重要なのが振出人の信用力で、振出人が十分な支払い能力を有していると判断されなかった場合、審査には通りません。手形を買い取る立場にある銀行や手形割引業者にとっては、振出人の支払い能力が十分でないとトラブルが生じる危険性があるのです。

振出人の信用力については、経営状況、過去の手形取引の実績、支払い遅延などの有無などを総合的に見てチェックされます。手形割引をしようと思っている場合は、一度そうした状況を見直してみるといいでしょう。

手形割引料とは

手形割引では、銀行や手形割引業者に割引を依頼することになります。しかし、手形割引では手形の金額そのままで買い取ってもらえるわけではありません。手形割引では、手形の期日よりも早く手形を現金化できる代わりに、銀行や手形割引業者に手形割引料を支払わなくてはいけないのです。

手形割引料の相場は金融機関によって異なり、都市銀行であれば1.5~3.0%、信用金庫なら2.5~4.5%、手形割引業者なら2.5%~15.0%となっています。また、手形割引料と審査の厳しさは反比例しており、割引料が安い金融機関は審査が厳しく、割引料が高い金融機関は審査が通りやすい傾向にあります。

手形割引とファクタリングの違い

手形割引と混同されやすいのがファクタリングです。手形割引とファクタリングは、両方とも債権を現金にする手続きであるため混同されやすいのですが、両者には明確な違いがあります。

まず、手形割引は財務上、融資として扱われます。対して、ファクタリングは「売掛金の信頼性」が重視されており、債権が回収できると判断されれば売掛金を買い取ってくれるという仕組みです。両者を比較するとファクタリングのほうが手数料は高めですが、ファクタリングは万が一手形が不渡りとなった場合でも弁済の必要がありません。この点は、ファクタリングの最大のメリットだといえるでしょう。

手形の償還義務

手形の振出人には、約束手形の振り出しによって受取人に対する確定的な約束手形金の支払い義務が発生します。しかし、会社が倒産したときなど、振出人がその支払い義務を履行できなくなる場合があります。この場合、手形の所持人は対象となる手形の裏書人、及び受取人に対して手形金その他、一定の金額の支払いを求めることができます。これが手形の償還義務です。

なお、手形の裏書人は、自分以前の裏書人に対し、同じように償還請求権を持ち、これを行使することができます。これを「再遡求」といいます。この場合、受取人は最終の償還義務者となります。

手形割引業者の探し方

手形割引で失敗しないためには、優れた手形割引業者を探す必要があります。そのやめにはまず、経営者の間で評価の高い手形割引業者を見つける必要があります。ここでは、口コミなどで評価の高い手形割引業者を紹介していきます。

「A-pro」は、比較的審査が甘く、直近2期連続で赤字決算の企業や起業後2年を経過していない企業であっても、融資を受けられる可能性があります。来店不要で即日融資してくれるというのも大きなポイント。必要書類も代表者の本人確認資料や商業謄本など最低限のものだけとなっているので、 手間もかかりません。

「株式会社日証」は、商業手形の専門家として東京、大阪などの大都市圏を中心に活動しています。さらに、独自のプログラムを用いて審査から現金化を短時間で完了できるシステムを構築しています。

 

なお、できるだけ早くまとまったお金がほしい、今日中にお金が必要といった場合には、審査がスピーディなカードローンが適している場合もあります。

【このカテゴリーの記事】

今すぐにつなぎ資金が必要な方はこちら
今すぐにつなぎ資金が必要ならこちら
安心業者ランキング
  • 即日融資が必要なら、手形貸付ランキング
  • 決算赤字が多いなら、手形割引ランキング
  • 300万円以上必要なら、不動産担保貸付ランキング
  • 決算赤字が無いなら、ビジネスローンランキング

ページの先頭へ